ミュージカル 映画評

MAMMA MIA!*マンマ・ミーア!*

投稿日:2009-02-01 更新日:

20090505_6892322009年/米

監督 :フィリダ・ロイド

CAST:
メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、
ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、
テラン・スカルスガルド、ドミニク・クーパー

<STORY>
ギリシャの島で小さなホテルを営むドナの愛娘ソフィの結婚式前日、三人の男たちが島にやって来る。父親を知らずに育ったソフィの夢は結婚式でヴァージンロードをパパと二人で歩くこと。かつての母の恋人サム、ハリー、ビルのうちの誰かが自分の父親だと見当をつけたソフィが、内緒で招待状を送ったのだ。式の準備でただでさえ大わらわのドナは、昔の恋人たちの出現に大ショック。果たしてソフィの父親は誰なのか?

<感想> 評価 ★4
どの年代でも楽しめる素敵なミュージカルがメリル・ストリープの好演で素晴らしい映画になりました。何度観ても本当に楽しい気分になります。
元々はABBAのヒット曲をベースにミュージカルが制作され、1999年にロンドンで開幕した作品で、2002年に劇団四季によって日本に上陸したミュージカルです。もちろんミュージカル好き・劇団四季ファンな私は四季の「マンマ・ミーア」を2度見に行きました。
結婚する(した)娘の立場でも観ても、娘を花嫁として送り出す母親の立場でも観ても、懸命に生きてきたふたりを知っている友人の立場で観ても共感できる作品だし、ABBAの名曲は素晴らしく、歌いたくなり、踊りたくなる素晴らしい作品です。
本作は、劇団四季ミュージカルとほとんど同じ構成で作られていたし、キャストのイメージも納得のいくキャスティングで原型に忠実に制作されたことが伝わる作品に仕上がっていました。
歌唱力など、言い出せば多少の難は感じましたが、それも許せるほど久々に映画を楽しみました。
残念な事は最後のシーンを映画館ではキャストと一緒に歌って踊って盛り上がれないところ。
ミュージカルではラストシーンは総立ちで歌い踊ります。
ま、この感じがイヤだからミュージカルは苦手と言う人が多いんでしょうけど、「恥ずかしい」なんて気持ちを捨てれば最高に楽しいんです(笑)映画館でさすがにソレをする人はいないし、さすがの私も歌い踊ることはできませんでしたが。
無理矢理ABBAの曲でSTORYを作ってるところがあるんで辻褄が合わないところもあるけれど、そこはミュージカルなんで大目に見て単純に楽しんで観て欲しいミュージカル映画作品です。

-ミュージカル, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.