Disney 映画評

インサイド・ヘッド

投稿日:

2015年 / 米
Disny PIXAR アニメ

STORY

ママとパパに見守られて、ミネソタで元気いっぱいに育った11才の少女ライリー。
彼女の頭の中には、みんなと同じように “5つの感情たち”―ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、カナシミがいる。
ところがライリーは、サンフランシスコに引っ越すことに。
遠い街に来たことで、不安とドキドキがいっぱいになったライリーの心の中で、5つの感情たちの働きが変化してしまい・・・・。

 

感想 評価 ★4

結局ね、泣かされちゃうんですよね、Disney PIXARには。

この映画は、見る人によって、またその人のコンディションによっても感じ方が変わる作品だと思いました。
しかも年代も問わない。
ライリーと同じ年代の子どもたちは、彼らなりに。
高校生、大学生は彼らなりに。
仕事でストレスを抱えている大人も、そして母親世代は、子どもたちのことを思って見ることができます。
まさしく私は、ライリーと留学していた娘とかぶってしまい、泣いてしまいましたわ・・・

5つの感情たちの中の、”カナシミ” の存在に最初はイラッとするんですよね。
だって、哀しみってマイナス思考ですから、マイナス思考などない方はがライリーが幸せだと思うからです。
だけど、カナシミの存在も必要なんだってこのアニメが教えてくれるんです。
カナシミ があるから、優しさを持てるんですね。

感情を擬人化して、ライリーのことを彼らが語ると言う今までにないアイデアがこの作品の魅力だと思いました

 

-Disney, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.