ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

Orphan *エスター*

投稿日:2010-05-26 更新日:

20100526_16096482009年/米

監督:ハウメ・コジェ=セラ

CAST:
ベラ・ファーミガ、ピーター・サースガード
ジミー・ベネット、アリアーナ・エンジニア
イザベル・ファーマン

<STORY>
夫ジョンと、息子ダニエル、娘マックスと暮らすケイトは、3人目の子供を出産間近で死産してしまう。それ以来、悪夢にうなされる日々を送るケイトは、産まれてくるはずだった娘のことが忘れられず、もてあます亡き娘への愛情を誰かに分け与えたいと、ジョンと相談の末、孤児院から養子を引き取ることにした。聖マリアナ女子孤児院を訪れた夫妻は、他の子らと遊ぼうとしないロシア生まれの9歳の少女・エスターと出逢う。伝統的なロシア調のお洒落な服に身を包み、絵と歌を愛する一風変わったエスターを一目で気に入り、彼女を養子として向かい入れるのだが、それからというもの、エスターの周りで不可解な事故が相次ぐのだった…。

<感想> 評価 ★4
映画の雰囲気やキャストからB級ホラー作品だろうと思ってたのに、中盤からは面白くて映画に完全に引き込まれました。面白かったぁ。
この作品、ホラーでなくスミテリーです。
ホラーが好きな人になら「オーメン」路線の作品と言えば雰囲気が伝わるかも知れません。
斬新な作品と言うよりむしろクラシカルな使い古された手法の作品で精神的追い込み系です。エスターのケイトママへの追い込み方がハンパないんでこれがおもしろさのポイントだったのかも知れません。その上、エスターを演じた”イザベル・ファーマン”を検索した程に彼女の出来が良かった。
ケイトママ役のベラ・ファーミガも誰にも理解してもらえない恐怖を切実に演じていました。
とは言え、この作品は一重にエスターを演じたイザベル・ファーマンのおそろしさに大きく依存していると思います。
エスターに関する謎、「ナゼ首にリボンを巻いているのか?」「歯医者での健康診断をナゼ嫌がるのか?」e.t.cなどラストに全部が理解できたところも、おぉ!面白いと思わせた演出の妙かと思います。
しかし、ラストにあきらかになる真実は想像を越えていたんですがこれがまた良かった。
この部分、結構大事で、これを何かに取り憑かれているとかってしちゃうと陳腐になってしまいますからね!
時間を忘れて単純に楽しめるミステリー作品です。

-ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.