ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

THE READER *愛を読むひと*

投稿日:2010-06-23 更新日:

20100604_16244882008年/米・独

監督:スティーヴン・ダルドリー

CAST:
ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファイン
ディヴッド・クロス、レナ・オリン、ブルーノ・ガンツ

<STORY>
1958年ドイツ。15歳のマイケルは体調が悪くなり苦しんでいるところをハンナに助けられたことをきっかけに知り合い、自然に求め合い深い関係へと陥る。ハンナの部屋で愛を深め合う毎日だったが、ある時、ハンナに本を読んで欲しいと言われ、マイケルはその日からハンナのために朗読をはじめる。しかし、ある日忽然とハンナは姿を消してしまった。その恋はたったひと夏の出来事。時は過ぎ、8年後。大学生となり法律を学ぶマイケルは、ゼミのメンバーと共に、ナチス収容所の看守6人の裁判を傍聴。そこで被告席にう座るハンナを見つける。

<感想> 評価 ★4
率直に、「名作を観た」と思いました。
原作が素晴らしいからこそですが、映画の脚本が素晴らしい上、キャスティングが良いのです。
久しぶりに映画で心が震える感覚を味わいました。

ケイト・ウィンスレットは「タイタニック」の頃から好きな女優のひとりで、彼女の作品はほぼ観ていますが、進化し続けている女優だと思います。故に、本作のハンナ役はケイトだからこそ意味があったと私は言い切りたいです。
また、若い頃のマイケルとして登場するドイツ人俳優:ディヴッド・クロスも本作にマッチしていました。
15歳の何も知らない少年から心の痛みを知り大学生となったのマイケルまでを表情や態度で演じきっていました。
D・クロスの持つ愛らしい素直な感じがこの映画をよりピュアに見せているんじゃないかと思います。

この映画のふれこみは 「少年時代のひと夏の初恋」や「生涯の愛へと変わる至福のラブストーリー」とされていますが、このキャッチコピーはこの映画の神髄を全く表していません。
そんなもんじゃないんです、この作品の持つ深さは。

ケイトの体当たり演技やsexシーンに注目され、センセーショナルに宣伝されていましたが、残念に思います。
興行成績を上げなければならないが故にセンセーショナルにするのは仕方のないことなのでしょうけれど。
人を愛してしまうのに年齢も性別も環境も関係ないと思うのです。
人が人に惹かれてゆく素晴らしさ。その愛を素直に表現するマイケル。若いが故の行為なのだけど、それがどれだけ素晴らしいことか。
人にとって「教養」と言うものが大切なのだと言うことも表現されています。
愛情が形を変えてまた結びつきあうと言うこともこの映画では描かれています。
そして愛するが故に人は努力もし、前向きにもなれるのだとも。
映画を見終わったあとから、ジワジワと心に広がるこの切ないきもち。
名作です。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.