SF、近未来 映画評

THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS  *Dr.パルナサスの鏡*

投稿日:2010-07-23 更新日:

20100723_16984462009年/英・カナダ

監督:テリー・ギリアム

CAST:
ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、
ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル
リリー・コール、アンドリュー・ガーフィールド
トム・ウエイツ


<STORY>
千年の昔、パルナサス博士は悪魔と取引をし永遠の命を手に入れた。その取引とは自身の娘が16歳の誕生日を迎えたとき、悪魔に娘を引き渡すとこと。時は流れて2007年、パルナサス博士は旅芸人一座としてロンドンにいた。一座の出し物は、見るものを別世界にいざなう魔法の鏡。鏡のむこうではどんな願いも叶う摩訶不思議な迷宮が待っている。パルナサス博士は何のために人々を鏡の世界にいざなうのか?一座につきまとう悪魔と橋に吊るされていた記憶喪失の青年トニーが加わってその謎が次第に明らかになっていく…。

<感想> 評価 ★3.5
ヒース・レジャーの遺作です。本作品撮影中にヒースが急死したため上映を危ぶまれましたが、H・レジャーと親交のあったジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウがH・レジャーが演じるトニー役を演じ完成した作品。
Storyも展開もテリー・ギリアム監督の世界観でした。設定は2007年。現代なのに、レトロチックな大道芸の屋台が都会にあるミスマッチ感。その屋台が放つ怪しさが時空間さえ惑わせ、シュールで幻想的です。
こう言う空気感を感じさせる作品に興味を引きます。
Storyのメインは千年の時を経て、再び悪魔のニックと駆け引きで戦うDr.パルナサスの話なのですが、それよりも鏡に飛び込んだそれぞれの人の幻想の世界や、首つり自殺しているところを大道芸人たちに助けられたトニーの正体、トニーの想像の世界、トニーと娘との関係の方が面白かったです。結局、何が言いたかったの?と言われたら的確に言えないかもしれませんがハッピーエンドで終わる映画です。

20100723_1698470それより何より、ヒースがこの世から去った事が残念でなりません。

「ロック・ユー」や「サハラに舞う羽根」、「ブロークバック・マウンテン」の正統派のヒースではなく、ひとクセもふたクセもある「ダーク・ナイト」のジョーカーのようなニヒルで怪しくセクシーなヒースでいっぱいです。
この圧倒的な存在感。なのにもうヒースの新しい作品が見れないなんて・・・(涙)

こんなに残念に思うとは思いもしませんでした。
撮影の関係なのでしょう。現実のトニーはヒースが。鏡の中のヒースをジョニデ、ジュード・ロウ、C・ファレルが交代で演じているので作品的なクオリティーは下がっていません。逆にジョニデはヒースかと見間違うぐらいの激似。さすがのジョニデです。
ヒースを好きな方にはぜひ見てもらいたい遺作です。

-SF、近未来, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.