ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

THE LOVELY BONES *ラブリー・ボーン*

投稿日:2010-10-28 更新日:

20101028_18363442009年/米・英・NZ

監督:ピーター・ジャクソン

CAST:
マーク・ウォルバーグ、レイチェル・ワイズ
シアーシャ・ローナン、スーザン・サランドン
スタンリー・トウッチ



<STORY>
スージー・サーモンという魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父は犯人探しに明け暮れ、母は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。崩壊していく家族の姿を見てスージーは……

<感想> 評価 ★3
監督は「ロード・オブ・ザ・リング」で有名になったピーター・ジャクソン。「キング・コング」を駄作と言う人もいるけれど、私はこれも好きだったので本作品も期待しました。
見終わった感想は、一言で言うと焦点がはっきりしないぼやけた映画だったなーと。
幸せな家族にスージーが行方不明になると言う事件が起こり、天国に行けずにさまようスージーと、スージーを捜し続け、スージーの死を受け入れられずに崩壊して行く家族を2つの視点で描いています。
映画の途中でスージーを殺害した犯人がわかります。妹の行動力で犯人を追い詰めるところまで行くけれど、結局犯人が逮捕されることはありません。因果応報として犯人は裁かれますが。なんだかその部分は肩すかしを食らった感じでスッキリしませんでした。ま、これは小説ありきの映画化ですから仕方ないのかもしれませんが。
ヒロイン役のシャーシャ・ローナンは魅力的です。「つぐない」でも印象的な演技をしていましたが、これからの彼女が楽しみです。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.