ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

THE BUTTERFLY EFFECT *バタフライ・エフェクト*

投稿日:2006-01-12 更新日:

20090509_6911002004年 / 米

監督:エリック・ブレス&J・マッキー・ブラバー

CAST:
アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート
ウィリアム・スコット、エンデル・ヘンソン
メローラ・ウォルターズ、エリック・ストルツ



<STORY>
幼い頃から度々記憶を失っていたエヴァンは、治療のため日記をつけ始める。13歳の頃、エヴァンは幼なじみのケイリーたちと悪戯をして大事故をひき起こすが、その時も彼の記憶は空白だった。エヴァンはケイリーと淡い恋に落ちるがエヴァンは引っ越しすることになる。「キミを迎えに来る」とメッセージを残して。時が経ち、大学生となったエヴァンは、記憶を失うこともなくなっていた。しかし、エヴァンは、日記を読み返すことで過去に戻れる能力があることに気付く。

<感想> 評価 ★4
想像していたより良かった。前半は私好みで展開。いろんなパーツが散りばめられるが謎めいている。話が進む中でそのパーツが明らかされていくのだがテンポ良く、中だるみなしで最後まで飽きさせない。意表をついたのはサスペンスタッチからヒューマン・恋愛タッチに変化していった点。しかしこの展開もありだと思える。 「バタフライ・エフェクト(バタフライ効果)」とは、初期条件のわずかな差が時間とともに拡大して結果に大きな違いをもたらすことを言うらしい。(カオス理論)まさにこの効果に基づいて映画は展開。エンディングにOASISの「Stop crying your heart out」が流れるがこれが映画の雰囲気とあっていてとっても良かった。 以後、ネタバレあり ↓  ケイリーや友人、そして母親を愛するが故に救いたいと、その想いで過去に戻るエヴァン。切なさがサスペンスから恋愛・ヒューマンタッチに変化させてしまったワケだがこの展開は納得できる。とは言え、見終わって「良かった」と思ったと同時に「ありえへん」とツッコミたくなる展開があったことは否めない。しかしソレも許せてしまうStory性がある。 この映画には日本で有名な俳優が出ていない。主演のアシュトン・カッチャーも元モデルでデミ・ムーアの恋人?で一躍有名になったらしいが魅力的。ケイリー役のエイミー・スマートも母親役のメローラ・ウォルターズも良かった。雰囲気的には「オープン・ユア・アイズ」に近いと思う。

-ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.