Disney 映画評

Tangled *塔の上のラプンツェル*

投稿日:2011-09-26 更新日:

20110926_2380294ディズニーアニメ

<STORY>
深い森に囲まれた高い塔の上に暮らすラプンツェル。魔法の長い髪を持つ彼女は、18年間一度も塔の外に出たことがなかった。そんな彼女の夢は、自分の誕生日になると夜空いっぱいに現れる“不思議な灯り”の正体を確かめること…。塔に忍び込んだ大泥棒フリンとの出会いをきっかけに、魔法の髪に導かれたラプンツェルの“すべてが初めて”の旅が始まる。
その先には、彼女自身の秘密を解き明かす、思いもよらぬ運命が待ち受けていた…。

<感想> 評価★4.5
原作はグリム童話ですが、この作品はディズニー版の「ラプンツェル」です。
しかし、ディズニー映画はほんとうにすばらしいです。
ミュージカル風なところも大好き。 ワクワクさせてときめかせて、笑わせて・・・どんどん物語の世界に引き込んでくれます。
愛らしい中にもたくましさと芯の強さを兼ね備えた主人公のラプンツェルは魅力的。そしてこの映画のおもしろいところはヒーローポジションにいるフリン・ライダーが盗賊と言うところ。悪者がヒーローです。このフリン、ニヒルで悪者になりきれない男。世間知らずのラプンツェルとのかけ合いが楽しいです。
脇を固めるのはラプンツェルのただひとりの友だちであるカメレオンのパスカルと、お城の馬であるマキシマス。重要な役どころをカメレオンと馬が担ってます。ディズニーは動物を上手に配役させますよね。今回も大切なポジションでした。観て良かったと思える1作です。

-Disney, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.