ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

ALL GOOD THINGS  *幸せの行方*

投稿日:2012-10-06 更新日:

20121006_27925712010年 / 米

監督:アンドリュー・ジャレッキー

CAST:
ライアン・ゴズリング、キルスティン・ダンスト
フランク・ランジェラ、フィリップ・ベイカー・ホール
   

<STORY>
ニューヨークで不動産業を営む富豪一家の御曹司、デイビッドは
偶然出会ったケイティと恋に落ちる。ディビッドの父は、平凡な家庭の出身であるケイティとの結婚には反対だったが、父の反対を押し切り結婚。ニューヨークを離れて自然食品の店を営み、慎ましくも幸せな毎日を送っていた。ところが、父親はそんな息子を強引にニューヨークへと連れ戻し、一族の仕事を手伝わせる。その頃から、デイビッドは、次第に奇妙な行動が目立ち始めていく。

<感想>評価 ★2.5
タイムズ・スクエアなどの建設に携わった不動産王セイモア・ダーストの息子ロバート・ダーストの実話をベースに描いた作品だそうです。結局、この事件は多くの疑惑を抱かせたまま、証拠不十分で無罪評決が出た事件だそうです。
あくまでもモチーフとしての作品なので、主人公等の名前は違う形になってます。
作品の感想ですが、もう~ただただ暗い。作品としても魅力を感じられなかったです。

-ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.