ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

CHARLIR ST. CLOUD  *きみがくれた未来*

投稿日:2012-10-13 更新日:

20121014_27995862010年 / 米

監督:バー・スティアーズ

CAST:
ザック・エフロン、アマンダ・クルー
キム・ベイシンガー、レイ・レオッタ
チャーリー・ターハン
<STORY>
高校生のチャーリーはヨットの才能に恵まれ、奨学金を得て名門大学への進学を控えていた。だが卒業式の夜、彼は車で事故を起こし、同乗する11歳の弟サムを死なせてしまう。自責の念に苦しむチャーリー。その夕暮れ、兄弟で野球の練習をしていた場所に亡霊となったサムが現れる。チャーリーは亡霊のサムに毎夕この場所でキャッチボールをする約束をするのだった。5年後、チャーリーは進学もヨットも諦め、墓地の管理人となってサムとの約束を守り続けていた。そんなある日、高校の同級生でヨットレースのライバルだったテスと再会。これをきっかけに自らの人生を見つめ直すチャーリーに、やがて選択の時が訪れる…。

<感想> 評価 ★3
ザック・エフロンが好きなので選んだ1作です。
あらすじを知らなくても楽しめます。
Storyに斬新さはなく、多少ムリヤリ感、先読め感が漂いますが、深く心傷つき、生きる目標(未来)を失くしてしまったチャーリーが、現実に愛するひとを見つけることで再生して行く様子は丁寧に描かれおり、それをザック・エフロンが好演していました。
好感の持てる作品です。
レイ・リオッタ演じる救命士が、チャーリーの人生のポイントで何度か登場します。救命士として、ひとの命を助けてきたカレが、自分の人生の終わりを前に、サムを亡くした以降、生気を失ったチャーリーに「きみは死にかけていた。心臓が動き出し、生き返ったことには意味がある。意味のある人生にしてくれ」と言うシーンが心に残りました。
私は海にあまり縁がありません。ヨットも興味がなかったし、乗ったこともないけれど、映画に出てくるヨットで海を走る(って表現いいのかな?)シーンを観て、とてもヨットに乗りたくなってしまいました。ヨットレース、いいなぁ。生まれ変わったら、この競技をやってみたいかも~。
高校生あたりに観て欲しい作品です。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.