劇団四季 観劇記

「MAMMA MIA!」を観る

投稿日:2006-01-25 更新日:

20090504_688573観てきました「MAMMA MIA!」
JR大阪駅前にHERBIS ENTと言うショッピングビルが建ったのは2004年12月。 東京で言うところの六本木ヒルズのような存在かな。 そのビルの7Fに大阪四季劇場が出来て丸1年あまりが経ちました。 今日、観てきた「マンマ・ミーア」はその劇場のこけら落とし公演として始まり、今も尚、ロングランを続けてる大人気ミュージカルです。 懐かしい'70年代のABBAの曲で全編綴られていて東京ではチケットが取れないほどだったとか。 私も観るまでに1年もかかってしまいました。
私の場合は良い席で観たいと言う理由が1つ。
「マンマ・ミーア」にあまり興味がなかったからが2つ。
「アイーダ」にハマってたので(サクラ共々)「アイーダ」を優先してしまってたからが3つだったのだけど。
待ってチケットを取っただけあって、前から10列ほどの真ん中の最高のシートで観劇してきました。
内容は想像よりも楽しくて気分すっきり元気をもらえるミュージカルでした。
オンナとしてちゃんと生きてる男前なドナ・ターニャ・ロージーの3人組の元気なおばさんパワーに大笑いして、ホロッとさせられて最後は「Dancing Qeen」を歌って、踊って帰ってきました!
不安だったキャストもドナ役は彼女でしょ!と言われている保坂知寿さんだったからラッキー
チケットを取るのは3ヶ月~半年も前なので、当日までキャストがわからないのが四季の不安なところ。
保坂さんドナを見れたのはほんとにラッキーでした
今回は主役級の3人の男性陣がイマイチだったので(ごめんなさい)若手俳優の大塚道人くん(ペッパー役)に注目。
お茶目で可愛くてファンになりました。
ミュージカル初挑戦の人には向いてるかも知れません。
30,40代には懐かしいABBAの楽曲に過去を思い出したりしながら盛り上がり、一緒に歌えるしね。
私の好みのミュージカルではないのだけれど、千秋楽が決まったらもう1度みたいなと思っています。

-劇団四季, 観劇記

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.