劇団四季 観劇記

ライオンキング 大阪四季劇場 5回目

投稿日:2013-07-03 更新日:

2月以来のライオンキング観劇です
今年に入ってスカーが金森さんだっただけに、ボチボチキャスト変更か・・半ば諦めつつ今日を迎えましたが、神さまありがとう金森さんがまだ大阪にいてくれました
金森スカーは健在貫禄さえ漂ってました。
キャストを観ると(記事1番下に記載)2月から半分ほど変更になってます。金森スカーは舞台をまとめ、締める立場として大阪に残ってたのかな。
ムファサも内野さんから内田さんに変更でした。
深水さん、内野さんときての内田さん。1番好きです。父らしい王のムファサ。
良かったデス。
ヤングシンバはお初の大前くん。歌が上手くて可愛かったです。演技もよかったし。

20130703_358646

でも!なんと言っても今日の1番の収穫は、南晶人シンバ
4月から南シンバに変更になってたようで、私はお初。
南くん・・・あまり記憶に・・・ない
春のめざめ」のハンシェン役で観たことになっているけど。
南くん、シンバは当たり役かもそのぐらい合ってたと思います。
歌も声もとても良かった。
少年のシンバ→オトナへと成長している課程のシンバ→そしてラスト、王となるシンバ。南シンバはしっかりと演じ分けていたと思います。その思い、伝わったよ!と言いたい(笑)
王のケープをラフィキにかけてもらい、プライドロックにゆっくりと、登り、雄叫びをあげるシーンで感動してしまいましたモン
ナラ役の岡本瑞恵さんとの「愛を感じて」のハモり部分は田中シンバより合ってたように思います。
岡本ナラは2月にも観たんだったと帰ってから気づきました
前回のレビューにも過去に観たどのナラよりも彼女が良かったと記しましたが、今日のナラはそれよりも良かったと思います。ダンスも良かったし南シンバとのバランスもよくて収穫でした。
ハイエナ3人衆の紅一点シェンジは松田佑子さん彼女は去年12月に観劇した時はアンサンブルに名を連ねていた方です!抜擢されたんですねぇ~。
私は小林英恵シェンジが好きですが、今日の松田佑子シェンジも違和感なく、ロック調の「食っちまえ」良かったです。
こうして何度も観劇しているうちに、キャストの方が成長されていくのも1つの楽しみ
バンザイ役の白瀬くん、「春のめざめ」のゲオルグで印象が強く、忘れられないキャストのひとり。今回、ハイエナ:バンザイ役。変わりなく歌が上手く、透き通るボイス、ハイエナの動きも良くてすっかりミュージカル俳優になられたな~と。
2月に観劇した時、(千秋楽が決まったらチケット買うぐらいでいいかな?)と思い始めてたけど、今日見終わった瞬間に(あぁ~チケット取ろう!)と思ってしまったわたしです
そんでもって今日は、ミュージカル観劇は4月のライオンキングがはじめてで、今日が2度目の友だちと観劇しました。
やっと私が話し続けてきた「ミュージカルの楽しみ方」が少し理解してもらえたみたいです
すべての歌がハモられていること、脇役のキャストまで手を抜いていないこと、背景をはじめ大道具、小道具まで心を配られているのを知り、ミュージカルの深さをわかってくれたみたい。四季の舞台は、プロだと言ってくれました。
ミュージカルが素晴らしいとわかってくれるひとが増えることはうれしいデス
<キャスト>※赤字変更箇所、緑字過去に観た、青字役柄変更

ラフィキ:鄭 雅美 ムファサ:内田 圭 ザズ:明戸信吾 スカー:金森勝 
ヤングシンバ:大前嘉紀 ヤングナラ:利川桃子 シェンジ:松田佑子
バンザイ:白瀬英典 エド:小田春樹 ティモン:韓 盛治
プンバァ:荒木勝 シンバ:南 晶人 ナラ:岡本瑞恵 サラビ:岡本 紋

<男性アンサンブル>
鎌田 純、天野陽一、名児耶 洋酒井康樹赤間清人品川芳晃中村智志
森内翔大沢樹陽聖ハンドコ アクアリオ鈴木智之、塚下兼吾、虎尾信弘
<女性アンサンブル>
海宝あかね、山本詩織、時枝里好、松本昌子千村瑠永朴 悠那
原田真由子秋山 舞、柴田厚子、引木 愛園田真名美旗本千都
<パーカッション> 山下ジュン、山村誠一

-劇団四季, 観劇記

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.