劇団四季 観劇記

ライオンキング 大阪四季劇場 6回目

投稿日:2013-11-07 更新日:

10/25(金)マチネ公演
6月以来6回目の「ライオンキング」観劇でした。

今回は、ミュージカル初体験のRちゃんとの観劇です。
ミュージカル初体験の人と行く時、ハードルが高いなぁと思うのです。
ご存じのとおり私はミュージカルが大好きで、舞台に陶酔し、最高の時間を過ごせるけれど、ご一緒したひとが(ミュージカルっておもしろくない)とか(冷めて観てしまうんだよね)などと言われると、ナゼか傷ついてしまいますDocomo_kao19

わからないひとには理解できない芸術だということは認めているので、逆に自分から(観てみたい!)と希望してくれた人には、最高の席で、素晴らしいミュージカルの世界を味わってもらいたい!・・・と心から思います

その結果、サクラはミュージカルファンになってくれたし、Bちゃんも「nagiがミュージカルにハマる気持ちがわかったわ~」と言ってくれたので、ミュージカルのすばらしさを少しは伝えれたかな?と思ってます。

で、今日のRちゃん・・・・
(どうかな?)って私の不安をよそに、「めちゃくちゃ良かった!感動した!」「レイヨウの役でいいから舞台に立ってみたいなっヤッタv」ってDocomo_kao12
うわぁ~私とおんなじこと言ってるしぃ~ハート

そうなの矢印上私も1度でいいからレイヨウでも、何でもいいから四季の舞台に立ってみたい!な~んて思いながら四季の世界にどっぷりハマってるんだよ~
同じ感覚で観てくれてありがとうきらきら ぜひまた、観に行こうねぇ手

20131106_551204観劇レポート

大阪開幕1年を迎えてキャストも大きく変更してます(キャスト表参照)
大好きなスカーには道口さんが戻って来られました。私は、金森ファンではありますが、道口スカーの方が好きです。ハイエナとスカーの「覚悟しろ」のシーンが1番好きなので、スカーが崖の上でノリノリになってる姿を見て満悦でした。

ラフィキも初見の遠藤珠生さん。鄭雅美さんより好みです。でも青山さんにはかなわないなぁ@青山ラフィキだと、オープニングから涙腺が決壊するモンちゅん
ムファサは2月以来の内海さん。ん~前ほどではないにしろ、あの発音が気になるっゆう★
歌声も父親像も若き父らしくて好きなんだけどなぁ~・・・
ヤングシンバの原光希くん。2度目だね。以前の感想にも原くんは歌にも演技にも感情が伝わって素晴らしいと書いてる。でもその時よりも確実に成長してて、「星の雫」のシーンでは涙ぐみそうになりました。
ハイエナのシェンジ・バンザイ・エドは変わらず素晴らしい。
熊本亜記ナラ。初見でしたが、私のナラのイメージじゃないかな?しかし歌唱力は問題なし。これからの彼女に注目します。
最後に、南晶人シンバ。2度目です。カレのシンバはいいですね!好きです。
若くて幼くて、過去と対峙できないシンバ。それを乗り越え、王となるためにプライドロックに戻って来たシンバ。成長をしっかりと演じ分けていると私はいつも感じます。
今回も、ドレープを肩から掛け、プライドロックの頂に立つシーン・・・感涙しました。
実は、12月のチケットを熱望された方に譲ったので、持ってるチケットはこれが最後でした。
11/16に来年5月~8月末までのチケット発売日です。千秋楽は当分先でしょうし、さてチケットをどうするか・・・・
現在悩み中。観てしまうとまた行きたくなるんだよね、ミュージカルって。
だけども、予算との相談もしなければ・・・・(悩む)Docomo_kao1

10/25(金) マチネ
<キャスト>※赤字変更箇所、緑字過去に観た、青字役柄変更
ラフィキ:遠藤珠生 ムファサ:内海雅智 ザズ:明戸信吾 スカー:道口瑞之 
ヤングシンバ:原 光希 ヤングナラ:新美たま希 シェンジ:小林英恵
バンザイ:白瀬英典 エド:小田春樹 ティモン:川口雄二
プンバァ:韓 盛治 シンバ:南 晶人 ナラ:熊本亜記 サラビ:大和貴恵
<男性アンサンブル>
奥田直樹、平田郁夫、近藤聡明、小林 優、井上隆司、長手慎介
中村智志、文永 傑、沢樹陽聖、ハンドコアクアリオ、前田員範
鎌滝健太、浜名正義

<女性アンサンブル>
大田美樹、今井もえみ、時枝里好、平田曜子、山西里奈、小野さや香
原田真由子、秋山 舞、濱田恵里子、松岡彩花、今 彩乃、成松 藍
<パーカッション> 山下ジュン、山村誠一

-劇団四季, 観劇記

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.