劇団四季 観劇記

ノートルダムの鐘 名古屋 (3回目)

投稿日:

4ヶ月ぶりの名古屋「ノートルダムの鐘」。
前回観劇のあと、感動のあまり買ってしまったチケットです

今回は3人目のカジモド、田中さんを見ることができました
批判承知で言いますが、田中@シンバをあまり好きじゃないんです。
なので、あまり期待していなかったんですよね、田中さんのこと。
しかし 見終わった今、言えます。
今日見た「ノートルダムの鐘」が1番良かった。
そして田中@カジモドは素晴らしいです
2度も田中@カジモドに泣かされました

ノートルダムの鐘は、カジモドだけWキャストが組まれてますね。
勝手な解釈ですが、カジモド役はかなりハードだからなんでしょう。
しかしそれは、私たち観客が、違うメインキャストの舞台を見ることができるチャンスでもあります。
メインキャストが変わることで、カンパニーの全体の空気や表現が変わったりするんじゃないかと私は思ってます。
今日見た舞台は、フロロー、カジモドそしてフィーバスが、エスメラルダに心を奪われ、物事が動き出し、それが悪い方向にどんどん動いてしまう運命を感じる舞台でした。

 

田中彰孝@カジモドと出会う

ここまで3人のカジモドと出会ったけれど、私は田中@カジモドに1番、心震わされました。
同じカジモドを演じてもキャストによってこんなに表現の仕方が違うんですね。
だからこそ、同じ舞台を何度でも観たくなるんです

田中@カジモドは、飯田@カジモドとも、金本@カジモドとも違いました。
私の印象ですが、

飯田@カジモド
可愛らしくて、フロローに愛して欲しいと望んでいるイメージ。
鐘を突く時も、弾むまりのよう。
画像のカジモドのポーズも、1番力強い。

金本@カジモド
ほんとうに憐れなイメージ。
話しにくそうで、身体も1番不自由そうに演じられます。
こんな自分だからフロローに愛されなければならないと思ってるから、叱られた時も一生懸命謝る。

田中@カジモド
自分の醜さも置かれた環境も受け入れてるイメージ。
3人の中では、話し方も動きも1番不自由ではないし、動きも大きくない。力強さも全面に出さない演じ方です。
それなにカジモドの心がカレの動作で伝わるんですね。

エスメラルダが、教会の塔の上に来て、「世界の頂上で」を歌うシーン。
「世界の頂上で」の歌唱はほぼエスメラルダで、その歌声に合わせてカジモドが動きで気持ちを表現するのだけど。
今回、そのシーンのカジモドに泣けて泣けて・・・
「エスメラルダ。ボク、いいね。ふたりでいる。ふたりでいる」ってカジモドが歌った瞬間、堪えきれませんでした。
不思議なもので、それは、私だけじゃなく周りからもすすり泣きの音が。
これって凄くないですか?カジモドは歌ってないのに。
これまで深く印象に残らなかった「石になろう」も、田中@カジモドの苦悩が伝わるから、心に残りました。

とにかく素晴らしく歌が上手かった。
もう1度田中@カジモドに会いたい

 

村@フロロー

エスメラルダに惹かれる気持ちを持て余す聖職者フロローでした、今回も。
カレがエスメラルダを死刑に言い渡すのは、自分の面子を守るためと言う印象ですね。
聖職者としての禁断を犯すことへの罪悪感と、エスメラルダを求めずに居られない気持ちの不安定さ。
それはカジモドも同じだろって同志のような感じです。

フロロー独唱の「地獄の」はさすがでございました

 

やっぱりフィーバスは・・・

佐久間仁さんが適役だと思う
スラッと背が高く、情熱的なフィーバスは佐久間さんの魅力を更に引き出してると思います。
佐久間@ユダも見たけれど、私は断然、フィーバスのカレが好き。

3回目の観劇と言うこともあるだろうけれど、フィーバスがエスメラルダと出会い、恋に落ちるシーン。
エスメラルダにもう一度会いたくて探した末、酒場でエスメラルダに会って情熱的にキスするシーン。
そして、後ろ抱きにして歌う「いつか」
恋してしまいそうになりましたケド(笑)
次観る時、フィーバスは佐久間さんで観たいです

 

エスメラルダは魅力的

自分をしっかり持つジプシーを松山@エスメラルダは表現してくれるから好きです。
フロローのものになれば生きられるのに、自分の信念を曲げてまで生きる価値はない。

佐久間@フィーバスの情熱的な愛情と、エスメラルダの凛とした強さが、観ている私に応援させる気持ちにさせるんですよね~。

 

 

アンサンブルの方々も

ノートルダムの舞台も、アンサンブルとひとくくりにされているけれど、メインキャストと重要なところで絡んだり、何役もこなさなければならないし、重要な歌唱も担っていて、とても大切な存在。
役柄名がないことが申し訳ないと思うぐらいです。
たぶん、塚田拓也さんだと思いますが、好きです。

 

クオリティが高すぎるクワイヤ

毎回、クワイヤ(聖歌隊)のクオリティに感動しますが、今回もほんとうにステキでした。
そして、キャスト表を見て、再びびっくり

高井治さん 、 早水小夜子さんがクワイヤをされてるんです

高井さんの怪人に泣かされ、早水さんのグリザベラに感涙した
私の心を震わせるおふたりがクワイヤと言う贅沢

オープニング、2幕のオープニング
クワイヤに聞き惚れます。

 

今度は9月に京都ですか・・・
何回見に行くことになるんだろうか・・マズイ、相当行くと思います。
できれば、かなり前の席で観てみたいなぁと思ってます。
ひとりで名古屋、もう一度行くかな(ボソッ)

 

ノートルダムの鐘、本日のキャスト

カジモド田中彰孝 ■フロロー村 俊英 
エスメラルダ松山育恵 フィーバス佐久間 仁◎
クロパン阿部よしつぐ
<男性アンサンブル>
塚田拓也 山田充人 ★大空卓鵬 ■川原信弘 ■
高舛裕一 ■平良交一 ■手島章平 ■吉田功太郎◎
<女性アンサンブル>
平木萌子 ■杉山由衣 ☆町島智子 ■原田真理 ■
<男性クワイヤ(聖歌隊)>
永井崇多宏馬場明成 ■白山博基 ■日浦眞矩 ◎
楠木 稔 ■新井 克 ◎井上隆司 ■高井 治■
<女性クワイヤ(聖歌隊)>
小川 希 ■宇都木 泰子■潮崎亜耶 ◎瀧本真己 ■
早水小夜子■谷 明実■吉田瑛美 ■秋山知子 ◎ 

-劇団四季, 観劇記

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.