劇団四季 観劇記

劇団四季「パリのアメリカ人」名古屋劇場(初)

投稿日:

 

名古屋まで。
またまた遠征してきました~。
早朝、6時代にJR京都線が事故により全線ストップ
JRは怖いわ~
何とか早めに家を出て、新幹線に乗れましたが
遠征の怖さをひとつ知りました

 

ミュージカル ”パリのアメリカ人” とは

ベースは、1952年にジーン・ケリーの主演映画「巴里のアメリカ人」だそうです。
この映画は、アカデミー賞を受賞しました。
そして2014年にミュージカル版が制作され、パリで公演がスタート。
その後、ブロードウェイでも公演され、トニー賞4部門を受賞したそうです。

劇団四季は昨年2018年東京から公演をスタート。
現在、名古屋劇場で公演中。
このあと京都劇場にもやってくる予定の作品です。

 

基礎知識ゼロで見た私の第一印象

ズバリ、バレエミュージカル

バレエで気持ちを表現する手法の舞台で、舞台セットもオシャレでした。
冒頭、グランドピアノが一瞬で消えるシーンがあるんです。
(消えるのかな?)と思った瞬間、グランドピアノが消えました。
魔法をかけられた気分になりましたよ

バレエに詳しくないので、私の印象ですが、クラッシックバレエだけじゃないモダンなダンスも入ってたと思います。

そして、2幕の後半1/3は、ほとんどバレエシーンの連続でした。
ミュージカル公演と言うより、バレエ公演を見に来てるぐらいのバレエです。
バレエに詳しい方は、私とはまた違う楽しみ方があるんじゃないかな?と思います。

 

Storyは

第二次世界大戦後のパリが舞台です。
アメリカの退役軍人ジェリーは、画家として芸術に人生を捧げようとパリに残る決意をします。
同じ頃、街で見かけた女性(リズ)に一目惚れします。
ジェリーはアメリカ人の作曲家アダム、そしてアダムの友人フランス人のアンリと知り合い、芸術の話しや恋愛の話で盛り上がります。

ある日、ジェリーはアダムに連れられてバレエスタジオへ行きます。
そこで運命の出会いが・・。
以前、一目惚れした女性リズと再会するのです。
実はアダムもこの時、リズに恋をしてしまいます。
ジェリーは猛アプローチをかけ、リズに「友だちなら」と言ってもらいます。

その後、アンリが愛する女性プロポーズする、しないで迷っていました。
アダムもジェリーもアンリを応援します。
そしてアンリがプロポーズした相手は・・・リズだったのです。
リズは家族ぐるみでアンリ家族にお世話になっており、ナチスドイツからアンリの家族に守ってもらった恩義もあり、プロポーズをOKします。
ほんとうに惹かれているのはジェリーなのに・・・。

三角関係ならぬ四角関係

アンリはアメリカでショーマンとして活躍したい夢も持っていました。
それぞれが、人生のチャンスを掴みながら成長していく青春ストーリーです。

今回、まったく基礎知識ゼロで観劇しましたが、やっぱりミュージカルを見る時は、基礎知識があった方がベストですよね~。
そこが映画とちがうところだと思うんです。

 

で、感想

ストーリーについて

ミュージカルの中で、アンリとアンリの両親が、多くの知り合いをナチスドイツから助けた家族だとわかるシーンがあるんです。
それまでは、「何不自由ないお金持ち一家」に描かれているので、アンリをお坊ちゃまだと思っていただけに、見る目が変わりました。
そして、その包容力を持ち合わすアンリが、心からリズを愛していることも伝わるシーンがあるんです。
それなのに、それなのに、リズはジェリーを選んでしまいます。
ん~、それが私にはどうしても解せない(笑)
年齢ですか?(笑)愛だけじゃ生きていけませんよ(笑)

多くの登場人物の中で、私が1番カッコええやん!と思ったのは、マダム・ダヴェンポート。
予定外にジェリーを愛してしまうダヴェンポートですが、ジェリーがリズを好きなのを知って、最後はキューピッド役までするんですよ?
ほんとステキな女性でした。

 

キャストについて

外部キャストをこれほど入れて劇団四季がするのも珍しいなと思います。
ジェリーを演じた酒井大さんは外部のバレエ団からの参加です。
バレエダンサーの彼は歌うことは初挑戦なのかな?
詳しいことは分かりませんが、歌唱力として、比べない限り問題はなかったです。

リズ役の近藤合歓さんもバレエダンサーとして素晴らしいんでしょうね
だけど、なんて言うのかな?
感情移入が主役のふたり ジェリーにもリズにもできないで終わってしまった感・・・・

ミュージカルですからね?
劇団四季ですからね?
素晴らしい歌唱を聴くと、心は主役よりそちらに流れます。
その点で、マダム・ダヴェンポート役の加藤あゆ美さんが素晴らしかった~
個人的に斎藤洋一郎さんを好きなので、足の悪いアダム役だった故、ダンス見れないのかと思ったけど、アンリと踊るシーンがあって良かったなぁ
ザ・アメリカンなショーでした。

大好きな加藤迪さんが、アンリ役をされてたこともあったようで・・・
あー、京都で加藤さんに出会えたら・・と今から夢を見ておきます(笑)

 

 

本日のキャスト

パリのアメリカ人 2019/12/13(Fri)

■初登場 ★キャスト変更 ☆役柄変更 以前観劇したキャスト◎
ジェリー・マリガン酒井 大リズ・ダッサン近藤合歓
アダム・ホックバーグ斎藤洋一郎アンリ・ポーレル山下啓太
マイロ・ダヴェンポート加藤あゆ美マダム・ポーレル秋本みな子
ムッシュー・ポーレル味方隆司オルガ大岡 紋
ミスターZ荒木啓祐
<男性アンサンブル>
草場有輝ツェザリ・モゼレフスキー照沼大樹田中勇人
吉田 蓮鈴木伶央渡邊寿宏
<女性アンサンブル>
加瀬愛実吉村菜奈子森田美穂小島絵里衣
塩住珠希藤本典子野田彩恵子森 真琴
軽部智子

 

 

 

-劇団四季, 観劇記

Copyright© flap.... n@gi style   , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.