劇団四季 観劇記

ライオンキング 大阪四季劇場(今回初★通算2回目)

投稿日:2012-10-31 更新日:

10/28に大阪四季劇場で「ライオンキング」が開幕しました
20121101_2817789しんぱいないさぁ~

本日、開幕3回目の公演を見に行ってきました~
個人的には丸13年ぶりのライオンキング観劇。
数年前から「ライオン・・」が大阪へ来ることを楽しみにしてたので、
待ちに待ったこの日
私は「ライオンキング」のオープニングが大好き!
今日の「ライオン・・」も、13年前のあの時の感動のまま始まりました。
青山さん演じるラフィキの歌声で始まり、
照明で表現する夜明け、次々色を変えて朝を迎え昇っていく太陽。
客席から悠々と歩いてステージにあがる象やサイ、レイヨウたち。
舞台だけじゃなく、劇場すべてがアフリカになっていく・・・あの構成は感動です
曲「サークル・オブ・ライフ」が素晴らしくて感極まりそうでした
パーカッションが生演奏だったのも臨場感があってすごく良かったです
この YOU TUBE は青山ラフィキではないけれど、これがオープニングです
            


13年前に一緒に観劇した長男は19歳。
影絵、動物のパペット、それを動かすキャストの動き、音楽が素晴らしいのは当然だけど、キャストの歌唱力はどの方が歌っても素晴らしい。
ロングランし続ける理由がわかるクオリティです。
だから四季好きをやめられないんだよな・・(ぼそっ)
スカーは金森勝さんが見たかったのがホンネだったんだ。
(今回はJCSに出演だから諦めてはいたのよ
しかし!道口スカー、いいじゃないですかっ!
私はイメージするとおりのスカーでした。
あのスカーのひねた、媚びた、いやらしい感じ。
そして不敵に笑うあの笑い声、最高です。
ご当地ティモン&プンバァは12年経っても健在
関西弁ティモン&プンバァはちゃんとツボを押さえて笑わせてくれます。
「串カツの二度づけは禁止やで」のセリフまで飛び出して、笑いにうるさい関西人も納得させます。発音もちゃんと関西弁イントネーションだったしね!
今回、かなりいいじゃん!と思ったのはハイエナ3人衆(シェンジ・バンザイ・エド)。
たまらんわぁ~あの感じ「食っちまえ」のロックナンバーはかなりイケてた!
特に小林英恵シェンジ、私のツボ次回も注目して見ようっと。
そしてずっと素晴らしいシンバだよっとウワサに聞いてた田中彰孝シンバ。
思ってたより好青年・若いシンバでした。
シンバ=田中さんってイメージがあるほどシンバ役されてる。
これから先、何度か「ライオン・・」は観劇予定なので、これからどんなイメージになるか、楽しみです。
ラストの王となるシンバのシーンはカッコいい。
ディズニーアニメ「ライオンキング」な故、いちいち言葉で説明したり、アニメちっくな大げさな表現もあるので、若干惹いちゃうところはあったけれども・・それは仕方ない@
あ、ヤングシンバ・ヤングナラの子役さんたちも上手でした。


<キャスト>
ラフィキ:青山弥生 ムファサ:深水彰彦 ザズ:岡崎克哉 スカー:道口瑞之 
ヤングシンバ:佐野晶哉 ヤングナラ:根津桃子 シェンジ:小林英恵
バンザイ:池田英治 エド:小原哲夫 ティモン:韓 盛治
プンバァ:荒木勝 シンバ:田中彰孝 ナラ:谷原志音 サラビ:大和貴恵
<男性アンサンブル>
奥田直樹、賀山祐介、熊谷 藍、梅津 亮、赤間清人、田辺 容、天野陽一
文永 傑、浜名正義、田中宣宗、鈴木智之、塚下兼吾、永田俊樹
<女性アンサンブル>
海宝あかね、豊田早季、時枝里好、平田曜子、福井麻起子、鄭 雅美
阿部三咲、松尾千歳、柴田厚子、中村友香、井藤湊香、斎藤 舞
<パーカッション> 山下ジュン、山村誠一

-劇団四季, 観劇記

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.