劇団四季 観劇記

劇団四季 過去総括

投稿日:2004-12-27 更新日:

私とミュージカルの出会いは20歳の頃、
誘われて見に行ったブロードウェイミュージカルの
「ウェストサイドストーリー」だった。
かなり印象的だったが、ミュージカルはやっぱり言葉がわからないと
おもしろくないと思い、劇団四季に興味を持ちはじめる。


四季デビューは1987年「オペラ座の怪人」。
怪人役は、市村政親さん。
S席なのに右側の後ろから数える方が早いほど末席。
それでも、舞台装置のすばらしさと、俳優の声量に感動した。(上本町近鉄劇場)


次に観たのは1995年「美女と野獣」。
野獣役は荒川努さん。
ディズニーアニメの「美女と野獣」とほとんど変わりない舞台に感激。
ふたり目の妊娠8ヶ月ぐらいのことだった。
席は劇団四季の会員さんにとってもらい前から10列ぐらいの左側。
開演と同時に涙がこみ上げるほどに感動した。(大阪梅田MBS劇場)


次は1999年「ライオン・キング」。
上の子供が小1で、彼だけを連れて見に行った。
これもディズニーアニメだけにStoryも映像もなじみのもの。
1幕のこどもシンバに感激した。
もう一度みたい演目の1つだ。(大阪城MBS劇場)


次は2003年「異国の丘」。
九重秀隆は石丸幹二さん。
石丸幹二さんは歌声がきれいで、カッコ良かった。
知り合いに誘われて、2F席の一列ど真ん中で初めて見た作品。
知り合いは、ミュージカルは2Fだと言うが、私はそうは思わなかった。
                       (大阪城MBS劇場)

2003年「美女と野獣」
京都に京都劇場ができた。
梅田にも四季劇場がでいると言うことで、四季が身近になったうれしさと、
時間・金銭にも余裕が持てるようになったので、思い切って「四季の会」に入会。
初チケットを取る。
ど真ん中7列目。最高の席だ。
子供ふたりと、両親も一緒に観劇。
Ⅱで見た「美女と野獣」の時におなかの中にいるのが女の子なら
わかる年齢になったら、一緒に「美女と野獣」を見ようと思っていたので
その夢が実現した。

 

-劇団四季, 観劇記

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.