劇団四季 観劇記

「ウィキッド」大阪公演 ★初

投稿日:2009-10-23 更新日:

20091023_1206142「Wicked」
<キャスト>
グリンダ:苫田亜沙子
エルファバ:江畑晶彗
ネッサローズ:山本貴永
マダム・モリブル:八重沢真美
フィエロ:北澤裕輔
ボック:金田暢彦
ディラモンド教授:雲田隆弘
オズの魔法使い:栗原英雄 
男性アンサンブル:賀山祐介、三宅克典、斎藤准一郎、嶋崎孔明、
         白倉一成、成田蔵人、末谷満、須永友裕、清原卓海
女性アンサンブル:あべゆき、孫田智恵、黒崎綾、増山美保、間尾茜、
         花田菜美子、原田真由子、織田なつ美、勝間千明

やっと「ウィキッド」観ました
今までいろんなウワサは聴いていて、自分がウィキッドの世界にハマれるのか少々不安に思っていましたが、
そんな気持ちなど消え去るほど素晴らしい作品でした

Story的に、ミュージカルが初めてだったり、馴れていなかったり、中学生以下には少し難解な作品かも知れません。
構成も凝っているし、ミュージカルナンバーもオリジナルなので、馴染みのナンバーじゃない分、初心者には少し厳しいかな?と思いますが、それ故に、1回目より2回目、2回目より3回目と回数を重ねるごとに深みを増す作品だと思います。

私は今回、エルファバの江畑さんに陶酔しました
素晴らしい歌声です。私の好み声質なので涙腺の弱い私は何度もうるうる
1幕終了前の「Deflying Gravity」と2幕のフィエロへの愛を歌う「No Good Deed」は最高でした。江畑さんの歌声を聞けただけで満足
白い魔女のグリンダ役の苫田さんもすっかり苫田さん色のグリンダでした。
ブリッ子だけど、憎めない、それでいて芯のある素晴らしいグリンダ。
アンコールに応える苫田さんはチャーミングでした。

フィエロの北澤さんはラウル以来です。相変わらず王子さま役が似合います。

そしてマダム・モリブル役の八重沢さん。「マンマ・ミーア」のターニャ以来。
さすがに上手です。ラストにセリフを噛んだのには笑えましたが・・。
そしてオズの魔法使い役の栗原英雄さん。素晴らしいです
私的には「ブラック・コメディ」のハロルド役の方が好きですけど、ミュージカル俳優栗原英雄を見せてくれました。
男性アンサンブルでは「55steps」の大阪公演でも活躍されていた斎藤准一郎さんと成田蔵人さんを見つけた時はうれしかったです。
見終わって、もう一度ミュージカルナンバーを聴きたい気持ちでいっぱいです。
3時間に渡る大作で、詰め込んで話が進んでいる感じがあるので楽しみたいと思う方は、まずは「ウィキッド」のあらすじを理解しておくことをお薦めします。
そして出来れば、「オズの魔法使い」の話のベースを知っているとより一層楽しめるんじゃないかと思います。
さぁ次は12/22ですそれまでに2ヶ月もあるぅ~。待ち遠しいです。

20091023_1206521それから大阪公演スペシャル企画で
「エメラルドシティのメンバー」と言うものがあります。
会員は登録すればなれるので、登録してみました。
こんなカードがもらえました。
情報では「ウィキッド」を楽しく観るための企画があるらしいです。
さてどんな企画なのか楽しみにしてましょう。
東京公演もこんなのあったのかな?

 

-劇団四季, 観劇記

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.