Fear and Loathing in Las Vegas *ラスベガスをやっつけろ*

1998年/米

監督 :テリー・ギリアム

CAST:
ジョニー・デップ、ベネチオ・デル・トロ、
キャメロン・ディアス、クリスティーナ・リッチ
トビー・マグワイヤ

<STORY>
1971年、ジャーナリストのデュークと弁護士ゴンゾーはラスベガスへ向かっていた。
目的はベガスで行われるレースの取材。だが車にあらゆるドラッグを詰め込んだ2人の旅は最初から波乱気味。
取材費で滞在する一流ホテルのスイートでドラッグ三昧、ハイになって部屋を破壊、ヘロヘロ状態で街を徘徊する。
一体彼らの真の目的は?いや、そもそも彼らに目的なんてあるのか…?

<感想> 評価 ★1
ジョニー・デップはハゲ。ベニチオ・デル・トロはデブ。存在感十分のふたりの俳優がヤクでとにかくラリリまくる。
なにがなんだかわからないまま(深夜に観た私は途中寝てしまいつつ・・・)映画を見終わった。出演してる役者はすごいのだ!キャメロン・ディアスまで出演してんだから。
ジョニーの横山やすし風の歩き方も笑えるし、デル・トロちゃんもさすがと言う感じ。
この監督「12モンキーズ」の監督らしい。あぁ~なんかわかる。ラリってるのが好きな監督なんだよね(笑)映像は原色多い。
役作りの為にジョニーは頭の毛を抜き、デル・トロは体重を増やしたと言う役者魂の乾杯!

0

コメント待ってます♪

タイトルとURLをコピーしました