海外旅行

ポルトガル記★ ジェロニモス修道院(Belem地区)

投稿日:2013-11-20 更新日:

日本では認知度が低いけど、ポルトガルは世界遺産登録が15コもある国なんですkirakira2

リスボンのベレン地区に”ジェロニモス修道院”と”ベレンの塔”がセットになって世界遺産登録されてます。

20131120_571619 まずは「ジェロニモス修道院」

ポルトガル初の海外進出を果たしたエンリケ航海王子、インド航路を発見したヴァスコ・ダ・ガマ。彼らの偉業を称えると共に航海の安全を祈願してマヌエル1世が1502年に着工し、約1世紀をかけて完成させたマヌエル様式の修道院です。

 

 

 

マヌエル様式とは、ポルトガル独自で発展した建築様式で、ロープ・珊瑚・天球儀など海洋にまつわるものや、異国の動植物をモチーフにした浮き彫りが特徴だそうです。

20131120_571620 南門 

聖母マリア像を中心に24人の聖人などが据えられてます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131121_571837 中心のマリア像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131121_571839 門の中央の置かれたエンリケ航海王子の像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131121_571851 中庭を囲む55m四方の回廊

 

 

 

 

 

 

20131121_571901 柱にも細かなロープやサンゴのモチーフですべて装飾されてます

 

 

 

 

 

 

 

 

20131121_571849

 

 

 

 

 

 

 

20131121_571850レースのような装飾が太陽の影になっても素晴らしい

 

 

 

 

 

 

20131121_571875

 

 

 

 

 

 

 

20131121_571884食堂  

壁面を飾るアジュレージョは18世紀のもの

1番奥にジェロニモスを描いた絵がかかってました

 

 

 

 

20131121_5718962Fからサンタ・マリア教会の聖歌隊席を見下ろす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131121_5718922Fには磔刑のキリスト像

あまりのリアルさ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131121_5718971Fからのサンタ・マリア教会

下から先ほどのキリスト像の方を見上げると窓から入る光にキリスト像が照らされてました
荘厳・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

20131121_571907教会には素晴らしいステンドグラス

 

 

 

 

 

20131121_571908

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20131121_571910サンタ・マリア教会を入って左側

ヴァスコ・ダ・ガマの石棺

 

 

 

 

20131121_571909棺の中央のレリーフはカラベル船

ポルトガルの詩人:ルイス・デ・カモンイスの石棺

棺の中央レリーフは筆と竪琴

 

 

 

 

 

 

20131121_571914教会内の装飾

 ロープをつかむ手

これに触れると「航海から無事帰れる」という言い伝えがあるそう。

現在は「願いが叶う、幸運が訪れる」と言うことで・・・触れて来ましたにこ

(無事に楽しい旅ができますよう・・・にハート

 

 

 

 

 

 

ジェロニモス修道院へは、フィゲイラ広場から市電(トラム)15番でジェロニモス修道院まで 約20分ほど
ポルトガルに行ったなら、絶対に訪れて欲しい世界遺産です

-海外旅行

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.