海外旅行

ポルトガル記★ 発見のモニュメント(Belem地区)

投稿日:2013-11-21 更新日:

ジェロニモス修道院を出て

日本では認知度が低いけど、ポルトガルは世界遺産登録が15コもある国なんですリスボンのベレン地区に”ジェロニモス修道院”と”ベレンの塔”がセットになって世界遺産登録されてます。 まずは「ジェロニモス修道院」 ポルトガル初の海外進出を果たしたエンリケ航海王子...

テージョ川に向かって歩くと数分で「発見のモニュメント(Padrao dos Descobrimentos)」に着きます。

20131121_572205 発見のモニュメントの右側面

15~16世紀、大航海時代栄華を極めたポルトガルの英雄たちのモニュメントで、1960年に建立されたそうです。

 

 

 

 

 

20131121_572203 左側面

先頭はエンリケ王子です

 

 

 

 

 

20131121_572204 モニュメントを後ろから見た

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生時代、世界史で習った”大航海時代”の英雄<ヴァスコ・ダ・ガマ、マゼラン>やキリスト教伝来のフランシスコ・ザビエルが彫刻されていると言うので探してみました!

ちなみに、コロンブスはイタリア人なのでモニュメントにはいませんDocomo_kao8

20131121_572229テージョ川向かって左面の彫刻には世界史で習った偉人がたくさん!
1番前にカラベル船の模型を持って立つのがエンリケ航海王子
2番目がアフォンソ5世。
アフリカ・ポルトガル帝国を作った通称”アフリカ王”

3番目がヴァスコ・ダ・ガマ・・インド航路開拓ですね。ポルトガルでもカレは英雄でした
6番目がマゼラン・・・西回りで太平洋に到達した偉人です

20131121_572220そして16番目にいるのが

フランシスコ・ザビエル宣教師

 

 

 

 

 

20131121_572247「発見のモニュメント」前の広場には

大理石で描かれた世界地図があります

それぞれポルトガルが発見した国・年号は記されてます

日本を見つけました矢印

発見したのは1543年になってました。

 

 

20131121_572248モニュメント前には大道芸人がにこ

前を通っても身動きひとつしないけど、目の動きでアピールしてきますにこ

サクラが「nagiちゃん、好きでしょ?コインを渡してきたら?」ってススメてくれたので、近づいてコインをカバンに入れると動き出しました爆笑 

サービスに海賊の帽子をかぶせて写真までカメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

「発見のモニュメント」からは、テージョ川の向こう岸へと架かる橋がキレイに見えます。

20131121_572267この赤い吊り橋は
4月25日橋

全長2277mです

 

1966年に開通された吊り橋は、当初、ポルトガルの独裁者アントニーオ・サラザールにちなみ、サラザール橋と呼ばれていましたが、1974年4月25日のカーネーション革命(※最後に説明)の起こった日から名前をとり、現在では「4月25日橋」と呼ばれてます。

20131121_572269結局、時間の都合で橋を渡ることはできずショボン
船で対岸を渡り、川から4月25日橋を眺めるって計画も叶いませんでしたDosomo_kao9

 

 

 

 

20131121_572266対岸には、高さ110mの巨大なキリスト像が両腕を広げて立ってます。
これは、ブラジル・リオデジャネイロにあるキリスト像を模したものだそう。

ブラジルのコルコバードの丘の立つキリスト像をこの目で見たい!と数年前から切望している私。

まさかポルトガルで似たようなキリスト像を見るとは、何かの縁かもちゅん

 

 

 

※カーネーション革命・・・アントニーオ・サラザールにおける40年以上続いた独裁体制。1974年に軍事クーデターを起こし、無血で終わらせたとして有名  

 
 

-海外旅行

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.