山登り

屋久島 白谷雲水峡 1050m

投稿日:2016-05-10 更新日:

(いつか行きたい)が実現しましたエクステンション

マラソンとか登山とか、とにかくその手のものが苦手だったので、(行きたいなぁ)だけで終わってしまうだろうと思っていたけれど、その気になれば夢は叶う!
もちろん、充実した屋久島登山になるようにと、その日のために約1年間練習もしました。
だから、絶対に見たかったエクステンション
白谷雲水峡の太鼓岩から見る景色と縄文杉。

と言うことで、不定期連載にはなりますが、屋久島登山記を3回に分けてupしますラヴネコ

まずは、「白谷雲水峡」編 4/29(金)

前日から屋久島入り。
屋久島町原にある民宿「風の散歩道」さんに宿泊。
前夜は民宿近くの「尾之間温泉」を楽しんだり、満天の星を満喫Docomo118
23時には就寝したけれど、興奮のせいでほとんど眠れないまま5時起床。
朝食を頂いて、6時半に民宿出発。

民宿から見える「モッチョム岳 940m」もうこの景色が大阪と全然違う

途中でお昼のお弁当(かもがわ弁当)を買い、友人(他のホテル泊)をピックアップして、白谷雲水峡へ(空港からクルマで約40分ほどの距離)

スタートの白谷広場矢印 7:40スタート

白谷広場から歩き出すとすぐに目の前には、
たっぷりの水量の白谷川

さつき吊り橋

二代大杉 
一代目の切株の上に二代目が成長した杉をこのように呼ぶそうです。
真ん中が空洞になっているのは、一代目の杉が腐ってなくなったから。

このように屋久島の土台は花崗岩で、その花崗岩の上に苔が生え、その上に杉などの木が生えている形です。
ですから、岩と根っこと苔の山道が続きます。

ボコボコ根っこと岩だらけの道

苔だらけ ヒロハヒノゴケ

三本足杉 

根元が3本に分かれた杉
石か倒木をまたいで成長し、長い年月で倒木か石が消えたのでこの形になったらしいです。
樹齢300年。屋久島の中じゃまだ若い杉の部類だそう。

何回も渓流を越えます
水は冷たい

三本槍杉

斜めになった太い幹に3本の杉が並んでいます
このような成長を「着生」と言い、屋久島ではよく見られました。
植物が他のもの付着して生育することで、養分を取るワケではないので「寄生」とは違うそうです。

ヤクシマホウオウゴケ

水が多いところの生える苔で、もふもふしていてとても可愛いハート

ゴジラに見えませんか?Docomo_kao1

奉行杉

白谷雲水峡の中で最大に杉ですきらきら

二代くぐり杉
株上更新をしたケヤキ
株上更新とは、倒木や切株の上に新たな木が育つことを言います。
屋久島では多く見られます。
切株は朽ちて空洞にになっています

空洞はひとが余裕で入れる大きさ

 

森の中・・・、もののけ姫の世界です

株上更新して成長し続けた巨木

しゅうやんと比べると大きさがわかります

くぐり杉 

杉の根の間をくぐります

幹がいくつもに分かれた杉もありました

シカの宿 

雨宿りできるぐらい空洞が広いです
人と大きさを比べてみて!

苔むす森 
「もののけ姫」のモチーフになった森
杉が倒れていたり、大きな岩があったり・・・
すべてが苔むしていてまるで絵画のよう。
空気がとても濃くて美味しく感じます

なかなかの傾斜を15分ほど辻峠へと登って行きます

武家杉と公家杉
同じような2本が隣り合っています

「かみなりおんじ」 
落雷で焦げたあとがありました

休憩を入れながら約2時間半ほどで
辻峠へ到着

太鼓岩へのポイント地点 
さぁ、行くぞ!モードのメンバー

ここからは、このコース1番の傾斜と難度へ
その先に見えたのは、ずっと見たかったこの景色

太鼓岩とそこから見る屋久島一望の景色 標高1050m


1ヶ月に35日雨が降ると呼ばれる屋久島で、この眺望はまさに奇跡きらきら
真ん中に見えるのは、小杉谷渓谷と安房川
明日はこの川沿いを歩いて縄文杉を目指すことになります

屋久島三岳と呼ばれる 栗生岳、宮之浦岳、永田岳がキレイに見えます

その後辻峠まで下山して、ランチです。
かもがわ弁当 440円

美味しかったです

このあと一気に下山しました。

割と膝が快調だったので、やや飛ばし気味だったようで、あと30分弱と言うあたりで左膝が痛みだしましたDocomo_kao20
やっぱり下山は注意危険が必要。
今回は、前回の武奈ヶ岳の教訓でかなり山道の歩き方を考え、実行したんですが、やはりオーバースピードは禁物ショボン
少々、明日の縄文杉トレッキングを不安に思いながら・・・

下山途中、初屋久シカに遭遇エクステンション 

大人でも小さめが特徴

弥生杉 
樹齢3千年

マメ知識ですが、「屋久杉」と名乗れるのは、標高500m以上に生育し、樹齢千年以上の樹木のみだそうです。
縄文杉は超有名ですが、この弥生杉も素晴らしいです。
こちらは、割と軽いトレッキングで見に行けます。
上の枝部分が複雑で木材に適さないため伐採を逃れたために今も見ることができるのだそうです

少々不安を抱えつつも、白谷広場へ下山13時。

大岩
白谷広場付近の白谷川沿いの大岩で遊ぶハート

ハイシーズンのGWにも関わらず、29日GW初日で、スタートが早かったからか、ほとんど人と会うことなく、6人だけのトレッキングみたいに森の中を楽しめたのはラッキーな誤算でしたVサイン
たぶん明日は相当の人でしょう・・・・
高低差440m。約5時間で完歩。
標準コースタイム6時間だそうです
(やっぱり鬼軍曹のスピードは速い汗思うに、下りが早い。もう少し休憩を入れようと思う)

by Bobby提供

-山登り

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.