travel 山登り

縄文杉に会うと言うこと(屋久島へ行って)

投稿日:2016-05-10 更新日:

屋久島の白谷雲水峡、縄文杉トレッキングの登山レベルは、中級下と言う感じでした。
これから屋久島へ行こうと検討されている場合、それほどキツい山を登る練習は不要かも知れません。
とは言え、白谷雲水峡で約6時間。縄文杉トレッキングで約10~12時間は歩き続ける必要があります。
体力ギリギリで余裕なく登るのと、余裕があるのとでは全然違うので、近所の散歩よりは、山道を歩く練習はしていた方がベターです。
屋久島の山道は、花崗岩の上に苔や倒木がかぶさり、その上に生える杉と言う環境のため、根っこと岩だらけの山道です。私は屋久島を想定した「武奈ヶ岳」の登山をしていたおかげで非常に歩くのも楽でした。
できれば、そのような道がある山を屋久島へ行かれる前は登られてはどうでしょうか。
私の場合、400mレベルの山を登るのさえ最初はキツく、これで屋久島へ行けるのか?と言う状況でのスタートでしたが、約1年トータル7回の練習会に参加した成果があり、想像以上に楽に2つとも完歩することが出来ました。
縄文杉に会えたあと、バスでホテルまで帰る時、この1年が思い出され、思わず涙が溢れました。
きっと、それほど努力しなくてもある程度体力があり、根性さえあれば縄文杉には会いに行けます。
しかし、縄文杉に会うために、努力すればするほど、会いたい思いが強いほど、達成感は大きいはずです。
アラフィフの私が、何かを成すためにここまで努力したことは、ここ最近なかったので、今は充足感で満たされています。
同じように、メンバーには1年前、大腸ガンになり手術し、抗がん剤治療を経て、今回参加した人もいました。カレもまた、この1年を思い、こみ上げるものがあったそうです。
縄文杉に会うと言うこと。それは、バックグランドがあればあるほど意味のあるものになると思います。

-travel, 山登り

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.