京都へいこう

そうだ、京都へ行こう!上賀茂神社

投稿日:2014-05-22 更新日:

下鴨神社まで来たのなら、やはりココにも行っておきたいポイント

下鴨神社から市バス4番に乗って10分。やってきました~

20140524_819559上賀茂神社こと、賀茂別雷神社

葵祭の行列が、午前10時半に京都御所を出発、下鴨神社を経由してココ、上賀茂神社に着くのが15時半と言いますから、そのぐらい離れていますDocomo_kao8
平安時代の装束でココまで歩くのって絶対に大変だし、体力いるよねDocomo_kao8

 

 

 

 

20140524_819560 一の鳥居

それをくぐると・・・

 

 

 

 

 

 

20140524_819561広いお庭の境内があります

この真ん中の右側には、しだれ桜が2本。

 

 

 

20140525_819567手前のしだれ桜は
斎王桜

斎王とは、葵祭の主役”斎王代”の名前でしょうね。

 

 

 

 

 

20140525_819568奥のしだれ桜は
「御所桜」

葵祭の出発地の名前ですね

 

 

 

 

 

見頃はGWを過ぎた頃だそう。
ソメイヨシノより遅いようなので、来年はしだれ桜を見に来ようかな。

20140525_819571 二の鳥居です

 

 

 

 

 

20140525_819572二の鳥居を入った正面に立砂(たてすな)が2つある

 殿社がすぐに目に入ります

 

 

細殿と呼ばれ、前にある砂山は、立砂(たてすな)と呼ばれるもの。

これは、神様が最初に降臨された上賀茂神社の北2kmにある神山を模してもの。
陰陽師の影響を受けているために対にしているのだそうです。
立砂の頂上には、子どもの遊びみたいに松葉が刺さっていますにこ
だけど、コレにも意味があるそうです

20140525_819573向かって右側の2葉松

 

 

 

 

 

 

20140525_819575左側の3葉松葉

 

 

 

 

 

 

 

陰陽道に基づいて、奇数と偶数が合わさることで神の出現を願う意味が込められているそうです

20140525_819576本殿

この本殿のまっすぐ先2キロの地点にある神山(こうやま)のたたみ2畳ほどの平岩に神様が御降臨になったそう。

そんなワケで、京都で最古の神社だそうです。

 

 

 

20140525_819577

 

 

 

 

 

 

20140525_819597

 本殿

 

 

 

 

 

 

20140525_819606朱印を頂きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-京都へいこう

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.