大阪であそぶ

ディープ大阪Tour その1

投稿日:2009-08-12 更新日:

夏休みとは言え、子供も中高生になるとそれぞれに忙しいので、家族で出かける予定はゼロだったが、12日だけ全員Freeだったので、「ヨシモト新喜劇でも見に行く?」と言う話に
大阪に住んでいながら、ヨシモト新喜劇を観たことがないし、子供達は通天閣・ジャンジャン横丁にも行ったことがなかったので ≪Deep 大阪 Tuor≫を決行!

20090814_93576120090814_935762

2日前に「Kikki京橋」の昼公演のチケットを取る。
席は後ろから2列目のど真ん中4席。平日は空いているらしいがさすがにお盆week、満席で当日は立ち見も出ていました。
大阪には京橋を含め「なんばグランド花月」「ベースよしもと」の3劇場がありますが、今回は出演者を見て京橋に。
「ミサイルマン」「中川家」「ザ・やなせふなおか」「たむらけんじ」「アジアン」「桂小枝」「中田カウスボタン」が出演でした。
「中川家」のネタは何度か見たものだったのに、間が絶妙なんでしょうね、ボケ・ツッコミがわかってても笑えます。
「たむらけんじ」は、大阪では珍しく久々の”ふんどし&獅子舞姿”での登場でした。彼曰く、前回、服を着て出演したら、会場から「脱げ・脱げ」コールがあったそうで、お盆Ver.と言うことでのふんどし&獅子舞登場にしたそうです。ラストはおきまりの「ちゃぁ~」で締めてくれました
「桂小枝」さんは、落語じゃなく漫談?でしたが、こえぴょんらしい漫談でした。
後半の吉本新喜劇は座長が内場さんの公演でした。あらすじは、ある土地に五十嵐サキさん演ずる妻と内場さんが引っ越ししてくるところからはじまる喜劇。
なんと、結構重要な役柄で、しましまんずの藤井さんが出演。しかし!この藤井さんが演技ヘタな上に、セリフがもぉ~噛み噛みのグダグダ
正直、途中「お金返せ!」って言いたくなるほどの状況でしたけど、それを上手にフォローし、いじって生かしていたのが内場さんや吉田ヒロさんをはじめとする新喜劇のメンバーでした。やはり新喜劇のメンバーの方は基礎が出来てることがしましまんず藤井の存在でわかりました。
15分ほど予定よりオーバーでお昼の公演終了。

劇場前のショップでヨシモトグッズを購入しました。 20090814_935763

さすがに商売上手なヨシモトです。
私は村上ショージの「しょうゆうこと」音声キーホルダーと、ジャンクsportsの「浜田大明神ストラップ」を購入。
さっそくに「42」のストラップと共につけました。阪神の巻き返し、浜ちゃん頼みますよ!
ヨシモトをあとにして向かった先は大阪通天閣。
「ディープ大阪TourそのⅡ」へ続く・・・・
 

-大阪であそぶ

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.