A Happy New Year

大晦日は夕方までに家事を済ませ、お風呂にも入ってゆっくりご飯を食べながら
「ガキの使いじゃあらへんで」を6時間堪能
大爆笑のまま今年に突入しました。
今朝はお雑煮を作り、おせちを食べたあとに実家に帰省中の妹家族に会うため滋賀へ。
全員で10人が集合したため、バタバタな状況。
それも楽しめたら良いのですが、元旦初日からおやじ、やってくれました

ほんと、おやじには辟易です。
元来偏屈で、自己中。
中学生の時には、一緒に暮らすのが苦痛で高校卒業と同時に自宅を出ようと決めていたほどのおやじでしたけど、77歳を迎え、その偏屈・自己中ぶりはマシになるどころかより一層ひどくなるばかり。
そもそも妹とおやじは合いません。
私たち姉妹は、幼いころから怒鳴りまくるおやじに育てられたワケです。
もちろん暴力もありました。幼児虐待とは言いませんが、多少の問題がある育てられ方をしたとは思います。
数年前から妹は、おやじに怒鳴り散らされると言葉が出なくなってしんどくなるようになったようです。
今日は食事の席上でおやじがキレ、妹は耐えきれず退席・・・。
元旦初日からですよ? ほんまえぇ加減にしてほしい
誰もそんなおやじを囲んで飲みたいなんて思いませんよね?
さみしい人生だと思います。
東京から家族4人でやってきた妹家族を気の毒に思います。
今年の元旦初日から最悪な気分です。
生んでくれ、育ててくれた両親です。感謝も尊敬もしていますが、
こんなおやじを見るたびに、情けなく哀しくなります。
残念な一日でした。

コメント待ってます♪

  1. こな美 より:

    とりあえず・・・
    あけましておめでとうございます
    あれまあ・・・お父さん
    しかし、お母さんもご苦労ですね
    お父さんに付ける薬ないかねえ

  2. さくり より:

    明けましておめでとうございます♪
    今年もよろしくお願い致します(^^)
    うちは穏やかな父なので
    幼い頃から叩かれたりした事がないです。
    でも年々頑固になっていってるのは
    すご~く感じます。どこも同じですね。
    でも親なので上手く付き合って行きたいですよね。

  3. nagi より:

    こな美さん
    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    しかし・・・
    ほんま、いつまでこんなんなんかと思います。たまらんキツイお正月です。
    さくりさん
    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    穏やかなお父様、うらやましいです。
    状況的に最後を看取るのは私になるでしょう。先を思うと少々しんどいです。
    お正月早々泣き言ですいません(^_^;

  4. なん より:

    nagiさん、あけましておめでとうございます。
    うちの父も頑固親父でした。家族が何か言うと、いこじになるという厄介な性格で、さらに短気。私が子供の時は、ちゃぶ台ひっくり返す夫婦喧嘩よくしていました。
    なので私もnagiさん同様、社会人になったら家を絶対に出ると思い、実際に出ました。(笑)
    父の場合外面はよく、ええかっこしいなので、友人などは多かったですが、家族としてはこのくそオヤジと思ってましたよ。(^^;)
    他人に対しては優しいところもあのるので、家族に対しては甘えもあったんでしょうね。
    頑固オヤジにつける薬はないというか、最期まで頑固でしょうね。nagiさんのお父様も、たぶん素直になれずかなり損をしているであろうにと思いますが、なかなか変えられないんでしょうね。周りから見ると損をしているだろうにと思うけれど、こればっかりは本人が自覚して変えようとしない限り無理ですものね。

  5. しゃら より:

    あけましておめでとう。本年もよろしく。
    早速正月からやってくれますね、お父様。
    うちも、ダメおやじなので、気持ちよくわかります。宴会の席でケンカしてたりしたおやじなので。子供の頃は、そんな父親を見て、こんな大人にはなりたくないなと随分思ったもの。あの頃の父親の年齢を考えると、今の自分は、同じくらいか、通り越してしまったのだなと思う今日この頃です。
    酒に飲まれるタイプの父親も、年齢とともにおとなしくはなってきていますが、子供の頃の記憶や環境というものは恐ろしく子供に影響し、僕は、宴席というものや酒に対してある種の憎しみを抱いて育ってしまいました。酒が入った父親は、今でも好きになれないし、その場にいることさえ苦痛でしかたがないのは今も変わりません。

  6. COCO より:

    あけましておめでとうございます(^^)
    今年もどうぞよろしく♪
    私も父にはよく手をあげられました。
    nagiちゃん同様、高校卒業と同時に家を出て
    短大は寮で、就職後も実家から離れて暮しました。
    昔に比べれば、随分丸くなったな~とは思いますが、
    年末にも何でそんなことで?ってぐらい切れてはりましたわ(^^;A
    加齢と共に、自分の体の衰えや異常でイライラすることもあり
    ついつい周りの者に当たってしまうのかもしれませんね?
    最近は、もうしょうがないな~と
    少しこちらが上から目線になって
    腹を立てるよりあきらめの方が先に(苦笑)
    nagiちゃんのお父様、きっと皆が帰った後で
    元旦からやってしまった・・・と
    ひとり反省しておられるのではないでしょうか?

  7. nagi より:

    なんさん
    あけましておめでとうございます♪
    今年もよろしくお願いしますね。
    なんさんのお父様も頑固な方なんですね(^_^;
    昭和ひとけた生まれ(なんさんのお父様はもう少しお若いかも知れませんが)のオヤジには同じようなタイプも多いのかも知れません。なんさんのおっしゃるように死ぬまで変わらないでしょう。なんせ本人は間違ってない!って思ってるんですから。
    しかし、常に一緒に暮らしてるならそれもわかりますが、滅多に帰省しない妹夫婦を思うなら多少のガマンもして欲しいもんです。
    それが大人じゃないのかと。
    孫にまで切れてましたから、情けないです。
    なんさんとはなんだかいろんな境遇に近いモノがありますねー。だからなんさんのblogを読んでも惹かれるものがあるのかも知れません。

  8. nagi より:

    しゃらちゃん
    あけおめ~♪今年もよろしくお願いします♪
    「365日」いい歌♪
    しゃらちゃんのお父さんの話は聞いたことがあったので、私の元旦の状況もわかると思います。
    妹はしゃらちゃんのように「トラウマ」が出来てしまったようです。
    オヤジが怒鳴り散らしはじめるともうその場にいられないようです。
    3月から神奈川県でダンナの親と同居することになり、もう簡単に帰れないと帰省してきただけに、可哀想で仕方ありません。
    妹のダンナさんには妹を頼むとお願いして帰宅しましたが。
    ほんと、情けない気持ちは消えません

  9. nagi より:

    COCOちゃん
    あけおめ♪今年もよろしくお願いしますm(_ _;)m
    COCOちゃんちのお父様はとても穏やかで優しそうに思っていたのに頑固なところがあるんですねー。
    >年末にも何でそんなことで?ってぐらい切れてはりましたわ(^^;A
    COCOちゃんちもそうなんですか。
    今回の切れたきっかけもほんまどうでもいいようなコトなんです。
    こんなことでキレる理由がわからんだけに
    このむなしい感情をどうしたらいいのか・・って感じです。
    キレて当然なことなら私も仕方ないと思いますけどね。
    反省してくれればいいですけど、自分は間違っていないと思っていますから。
    もうそれを理不尽でも受け入れるしかないんでしょうけど・・・。

タイトルとURLをコピーしました