書籍評 重松 清

流星ワゴン 重松 清 著

投稿日:2010-03-04 更新日:

<あらすじ>
死んじゃってもいいかなあ、もう…。38歳・秋。
その夜、僕は5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして──自分と同い歳の父親に出逢った。
時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。
やり直しは、叶えられるのか──?

<感想>
幽霊の親子がホンダのオデッセイを運転する。なんの目的で?
「死にたい」と願っている人をその現状を作ってしまった分かれ目、岐路に連れて行き真実を見せるために。その場所は、「この時が岐路だったの?」と思うような瞬間であるり、それはとてもツライ過去でもあるだが。
ファンタジーのようでとても現実的な小説だった。
作家が男性であることから視点が私とは少し違うけれど、主人公が仲違いし決裂してしまった末期癌の父親と遡った時の中で同年輩同士として出会い直し、互いのコトを理解していく部分は心にグッと来た。
ファンタジーと言い切れないのは「めでたし」では終わらないから。
過去に戻り、岐路を知っても現実は変わらない。
変わらないけれど、幽霊親子との出会い、恨みさえしていた父親との出会いによって、気持ちに変化が現れる。
私に評価は中の上。
文章は相変わらず上手いが「疾走」と「ビタミンF」の方が好きだ。

-書籍評, 重松 清

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.