VICKY CRISTINA BARCELONA *それでも恋するバルセロナ*

20100310_14885852008年/米・スペイン

監督:ウッディ・アレン

CAST:
レベッカ・ホール、スカーレット・ヨハンソン
ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス

5.0

<STORY>
フィアンセのいるビッキーと、情熱的な恋を求める自由奔放なクリスティーナ。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすために、ビッキーの親戚が住むバルセロナに滞在する。そこで魅力的な画家フアン・アントニオに出会い、それぞれ彼に惹かれていく。ファン・アントニオはバツイチ。別れた妻であるマリア・エレーナは激しい気性を持つ美しい女性。マリア・エレーナも巻き込んでスペインの日々が始まる。 ペネロペ・クルスが第81回アカデミー助演女優賞を受賞。

<感想> 評価 ★3.5
冒頭に流れる「バルセロナ~♪」の音楽とスペインの町並み。
オビエドの風景・・・それだけですっかりスペインの虜。
映画の内容よりも、スペインに恋をした状態。
私の何かに共鳴するのか、スペインの空気感が心地よくてそれに酔って映画を観てしまいました。

映画の内容は、ウッディ・アレン監督作品らしくナレーションで話が進んでいきます。
キャスティングは問題なしです。
好き嫌いはあるでしょうが、ハビエル・バルデムが大好きだし、ペネロペ・クルスはなんだかんだ言いながら魅力を感じます。生まれ変わるなら彼女のようになりたい(爆)
ヴィッキーは理性的で保守的ないわゆる良くいる常識的な女性。刺激的なことに惹かれる気持ちもあるけれど、常識を重んじるタイプ。
一方クリスティーナはクリエイティブなものに惹かれるタイプで、いつも(何かを求め続けている)ような女性。
映画は対照的なふたりを対比させていきます。そんな対照的なふたりが惹かれる男が同じファン・アントニオと言うのもおもしろい。いかにもスペインの男って感じのセクシーな彼が、あんな手法で(どんなだ)口説いてきたら、大抵の女性は旅先だってこともあってコロッといっちゃうと思うワケです。

私はどちらかと言うとヴィッキータイプだけど、クリスティーナが言う「望まないものはわかるけど、なにを望んでいるかはわからない」と言う気持ちはわかるなーっと。 これで終わったら、しょうもないメロドラマなところ、天才肌でとことんぶっ飛んでいるマリア・エレーナが登場するところからスパイスが効いた感じでおもしろくなります。
スバニッシュをまくし立てるペネロペ・クルスってセクシーで魅力的。
結局ラストはひと夏のスペインでの恋って設定になっているけれど、スペインに酔って楽しめました。

あぁ~真夜中にスパニッシュギターを聴いてみたい。ワインを飲みながら~♪

コメント待ってます♪

  1. なん より:

    nagiさん、こんばんは。
    nagiさんのレビューを見て、この映画の予告を見たら、私も無性に見たくなりました。(笑)
    ウッディ・アレンの作品はあまり得意ではないのですが、これは見てみたいです。
    私も生まれ変われるなら、ペネロペみたいな女性がいい。(^^;)

  2. nagi より:

    なんさん
    ウッディ・アレンが少々苦手って言うのわかります。私もそうなので(^_^;
    この作品は、アレン色だけれど観れると思いますよ。少なくともスペインが好きでペネロペ・クルスが好きなら及第点にはなるかと・・。
    観たらあかつきにはぜひ感想を聞かせてくださいね♪
    一緒にスペイン行きません?(笑)

タイトルとURLをコピーしました