山本文緒 書籍評

結婚願望

投稿日:2009-06-14 更新日:

<あらすじ>
25歳までに恋愛結婚・共働きをして暮らす。
結婚に夢を持ってた作家=山本文緒。
結婚をするところまでは予定どおりだったが、その後離婚。
企業を退職して作家になる道を選んだ彼女の結婚とは・・? 
"結婚とそれからの人生"を語っているエッセイである。
これからのあと半分の人生を(フミオさんは当時37歳)ひとりでどう生きていくか・・・。

<感想>
共感できる部分もあり、できない部分もあるエッセイ。
彼女の感じていることは、まったく環境の違う今の私でも虚しく、不安に感じることとリンクしているように思う。時々<結婚・結婚している意味>がわからなくなる私だが、このエッセイにはその理由がほんの少し見えそうになる。
この不安はなんなのか?虚しい理由はなんなのか・・が少し見えたような気がした。

-山本文緒, 書籍評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.