医療・健康 日々のつぶやき

大腸カメラ検査、私の場合

投稿日:2018-03-16 更新日:

職場の健康診断項目に、「胃カメラ、大腸カメラ」があって、ずっとスルーしてきたのだけど、私もこの年令だし、周りにも大腸ガン、乳ガンが増えて来たなーと言うことで、ここらで重い腰をあげてみようかと思ったワケです。

大腸カメラを何度も受けている父親に、食事のことを聞き、
受ける24時間以上前から「お粥」に玉子程度の食事にすれば、便の排泄が楽だぞ!とアドバイスを受け、実行

大腸カメラの検査自体は、眠らせて検査を受けさせてもらえます。
なので、検査中のコトはまったく記憶がごいざいません。
恐ろしいぐらい完全に眠ってました!
2時間後、自然と目が覚めて、「細胞診の結果は約3週間後」と言うお知らせ紙で細胞を取られたんだーってな具合です。

だから皆さんもぜひ、怖がらずに大腸カメラを受けてください!と言いたいのですが・・・

私の体質なのか?
下剤(モビフレップ)が合ってないのか?
大腸カメラ検査自体、私に合ってないのか?
それとも、ここの病院のやり方が合ってなかったのか?

前処置の下剤を飲んだ直後からの、意識がもうろうとするほどの激しい腹痛に脂汗を流して耐え忍び(45分間)。
あり得ない大汗をかき・・・
検査後も、食欲も失うほどの腸の痛みに耐え
今は眠っている時だけが幸せですー(涙)
もう既に検査後24時間を経過しました。
ようやく、下腹部の不快感はあるものの、なんとか日常生活を送れるようになりました。
しかし、昨日のあり得ない脂汗の大汗のせいで、風邪ひきましたけど~

大腸カメラ検査を受けた人に聞くと、「痛みなんか感じたことない!」とか、「検査後なんて食欲モリモリやった」と聞く中。
私はずっと苦しみ続けています・・・
聞くところによると、病院ごとに下剤の種類、やり方、先生の手技レベルでかなり違うそーなんですよ

そんなワケで、病院のウワサは侮るなかれです。
大腸カメラを受けられるなら、評判の良いところの方がベターかもです

 

-医療・健康, 日々のつぶやき

Copyright© flap.... n@gi style   , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.