ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

THE LAST SAMURAI *ラスト・サムライ*

投稿日:2009-06-01 更新日:

2003年/米

監督 :エドワード・ズウィック

CAST:
トム・クルーズ、ティモシー・スポール、渡辺謙、小雪、
真田広之、原田眞人

<STORY>
19世紀末。南北戦争の英雄、オールグレン(トム・クルーズ)は、原住民討伐戦に失望し、酒に溺れる日々を送っていた。そんな彼が、近代化を目指す日本政府に軍隊の教官として招かれる。初めて侍と戦いを交えた日、負傷したオールグレンは捕えられ、勝元(渡辺謙)の村へ運ばれた。勝元は、天皇に忠義を捧げながら、武士の根絶を目論む官軍に反旗を翻していた。異国の村で、侍の生活を目の当たりにしたオールグレンは、やがて、その静かで強い精神に心を動かされていく。

<感想> 評価 ★4
渡辺謙がアカデミー助演男優賞候補になった事で話題になった映画。
世間では渡辺謙の映画・主役は渡辺謙のようだと言われていたが、私はやはりトム・クルーズの映画だと思った。モチロン渡辺謙も素晴らしかったが、トムの「Japanese」の心を理解し敬意を表し演技する姿に惹かれるものがあった。
日本では切腹が美徳とされる。負けを認めるときは自ら逝く。けれど西洋(アメリカ)では生き続けることに意味を求める。その違いを大村との戦いでしっかり描いているところが私はとても好きだ。
また、日本的な愛情(親子愛・夫婦愛など)がハリウッド映画としては丁寧に描かれていたところは評価できると思う。勝元の息子「のぶたか」が政府軍に打たれた時に彼を置いて村へ帰るくだりなどなんと日本的なんだろう。
勝元の最期を見守ったオールグレン。勝元の意思を継ぐために天皇に会うオールグレン。そして、生き延びてタカの元へ帰ったオールグレン。日本的生き様とアメリカ的生き様が丁寧に描かれていたところがいい。確かにおかしなところは多々ある。雪が積もる程の山奥にナゼ椰子の木があるのか?部落のお粗末さは何?とか。
でも難癖つけたって仕方ない。そこはSTORY重視で鑑賞すべき作品として多めにみるしかないだろう。

余談であるが、真田広之のシーンが多々カットされた言う。映画を観て納得。トム・クルーズと背丈・雰囲気が似ているのである。しかし、サムライの所作はトムより真田の方が数枚上手。カットされた理由はこう言うところもあるんじゃないだろうか。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.