シリーズもの ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

RED DRAGON  *レッド・ドラゴン*

投稿日:2009-06-24 更新日:

2002年/米

監督 :ブレット・ラトナー

CAST:
アンソニー・ホプキンス、エドワード・ノートン、
ハーヴェイ・カイテル、レイフ・ファインズ、
エミリー・ワトソン

<STORY>
死闘の末、連続殺人鬼「人食いハンニバル」ことハンニバル・レクター博士を捕らえた元FBI捜査官ウィル・グレアムのもとに、元上司のジャック・クロフォードが捜査依頼にやってきた。
それは、ある2つの家族が残忍な手口で惨殺された事件の犯人捜しだった。その犯行から、異常者と思われる犯人を割り出すには、天才的な洞察力を持つレクターの助けが必要だとグレアムは考えた…。
「ハンニバル・レクター3部作」の第1章。

<感想> 評価 ★3
私、レクター・ハンニバル教授のファン。
今回が3作目のハンニバルもの。第1作目「羊たちの沈黙」第2作目「ハンニバル」そして今回が3作目。しかし、設定上の時系列は「羊たちの沈黙」の前の事件と言うことで話は流れている。つまり、レクター博士が、いったいどんな事件を起し、投獄されたのか?レクター博士とはいったいどんな人物なのか?ということが明らかになる作品である。アンソニー・ホプキンスの板に付いたレクター博士。
映画の冒頭のオーケストラコンサートの最中に小首をかしげるシーンが気味悪くて、それだけ私の気持ちをわしづかみでした。

-シリーズもの, ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.