ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

PENELOPE *ペネロピ*

投稿日:2009-01-28 更新日:

2006年/英・米

監督:マーク・パランスキー

CAST:
クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ
リース・ウィザースプーン、キャサリン・オハラ

<STORY>
名家ウィルハーンの一族は、先祖の悪行によって魔女に呪いをかけらる。呪いのせいで生まれた娘、ペネロピはブタの鼻をもっていた。その呪いを解くためには、同じく名家の者が彼女を本当に愛することが必要と言う。かくして娘を溺愛する両親はペネロピのため、日々お見合いを画策。けれど彼女の姿を人目見た男たちは悲鳴をあげて逃げてしまうのだった。

<感想> 評価 ★3.5
現代のおとぎ話、オトナも楽しめるファンタジーでした。
ペネロピのお部屋の壁紙、天井から吊されたブランコ、長いマフラーe.t.c小物や装飾品がとても愛らしく視覚的にも楽しめました。
私はこの物語がただのおとぎ話じゃないと言う部分が気に入ったところです。
いわゆる昔のおとぎ話である「シンデレラ」「眠れぬ森の美女」「白雪姫」のように呪いを解く為に誰かに愛され、助けてもらうことで解決すると言う他力本願じゃなく、自分の抱える問題(ペネロピの場合は豚の鼻)を、自分と向き合い自分で解決出来た時にこそ呪いが解けると言う展開が好きです。そして豚の鼻を持つペネロピが卑屈じゃなかったからこそ楽しくみれました。
この映画を見た理由は、「ラストキング・オブ・スコットランド」でジェームズ・マカヴォイを好きになったから。本作品のJ・マカヴォイは素敵でした。
J・マカヴォイはカメレオン俳優。役ごとに雰囲気が違います。この映画での彼はミュージシャンの夢を挫折し、賭博にハマってる落ちぶれた男役。マジックミラー越しにペネロピとお話をするシーンが良かったです。
娘に見せたいと思う1作でした。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.