ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

BROKEN FLOWERS *ブロークン・フラワーズ*

投稿日:2010-01-28 更新日:

2005年/米

監督 :ジム・ジャームッシュ

CAST:
ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、
フランセス・コンロイ、ジェシカ・ラング、
ティルダ・スウィントン、ジュリー・デルピー

<STORY>
かつては多くの女性と恋愛を楽しんだ元プレイボーイのドン・ジョンストンは、中年となった現在も勝手気ままな独身生活を送る日々。そんなドンに恋人のシェリーも愛想を尽かして出ていった。そこへ、差出人不明のピンクの手紙が届く。便せんには“あなたと別れて20年、あなたの息子はもうすぐ19歳になります”と書かれていた…。かつてのプレイボーイが、自分の息子がいるという差出人不明の手紙を手に、昔の恋人たちを訪ねる旅に出る。

<感想> 評価 ★3
なんともゆる~い映画。やる気のない枯れてる中年男をビル・マーレイが表情で淡々と好演している。比較的評判が良かったので観たのだけれど、私は楽しめず。「エリザベスタウン」に似た自分探しのロードムービーである。車で移動中にドンがかけるCDは、お節介な隣人で唯一のトモダチ:ウインストンがプレゼントしたエチオピアジャズ。これが映画の雰囲気とマッチしていて良かった。日本と離れた遠い国の音楽が不思議と懐かしいと言うか心地いい。ドンの行き着くところはどこか?に主眼をおいた作品。

ネタバレ↓

結局、息子は存在したのか?居たのなら誰の子供だったのかは判明しないままエンディングになる。フツーは中途半端だと不満が残りそうなところだが、この作品に関しては許せる。また。息子(っと勘違い!?)した青年を前にドンが話す「過去は過去。過ぎたこと。何が大切かは過去でもなく、未来でもなく現在(いま)」と言うセリフが表現したかったひとつなのだろうと理解している。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.