アクション(ギャング・バイオレンス・戦争) 映画評

SILMIDO *シルミド*

投稿日:2004-02-08 更新日:

2003年/韓国

監督 :カン・ウソク

CAST:
ソル・ギョング、アン・ソンギ、ホ・ジュノ、
チョン・ジェヨン

<STORY>
1968年4月、死刑囚ら31人の重犯罪者たちが無人島のシルミ島に送られた。そこで彼らは刑の帳消しと引き換えに、北朝鮮の最高指導者・金日成の暗殺を命じられ、極秘の暗殺部隊へと成長していく。だが政府の外交政策の転換で暗殺計画は中止。しかも政府はこの部隊の抹殺を軍に命じるのだった。

<感想> 評価 ★3.5
最近の韓流ブームには興味を持てず、戦争モノは好まないので見ないままできたが、先日TVで「シルミド事件」のドキュメントを見たのがきっかけで真実を知りたいと思い映画ではあるけれど鑑賞することにした。
この映画は実在した684部隊が起こした衝撃の事件をもとに作られたもので、政府の方針変換で祖国統一のための英雄から、まるでゴミくずの扱いへと変わる兵士たちの数年が描かれている。その姿はあまりにも痛々しい。歴史の残酷さ非情さが映画を越えて心に訴えかけた作品である。

-アクション(ギャング・バイオレンス・戦争), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.