ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

DELICATESSEN *デリカテッセン* 

投稿日:2010-03-18 更新日:

20100323_15102811991年/仏

監督:ジャン=ピエール・ジュネス

CAST:
ドミニク・ピノン、マリー=ロール・ドゥーニャ
ジャン=クロード・ドレフュス

<STORY>
核戦争から15年、生き残った人々が食料をあさる荒廃したパリの郊外に「デリカテッセン」と言う名の肉屋兼、アパートがあった。その店の主人は求人募集をしては、働きに来た人を肉にして売っていた。また、デリカテッセンの住人はそれを知りながら肉を買い、食べて暮らしているのであった。そんなある日、求人募集を見てルイゾンがやってきた。主人の娘で心優しいジュリーは一目見て気のいいルイゾンに好意を寄せる。彼女は犠牲者が増えるのが堪まらず、反体制の菜食主義者たる“地底人"たちと手を結んで秘かにルイゾン救出作戦に乗り出す。

<感想> 評価 ★3
基礎知識なしで見始めたので最初は(ホラー?)と思わせる雰囲気もありましたがホラーではありません。また、人肉を食べると言う恐ろしい話でありながら残酷なシーンはほとんどありません。
映像は全体的に暗めで制作されています。たぶん数ヶ月前までのブラウン管TVだったら細かい描写がほとんど見えなかったじゃないかと思うほどの暗さです。しかし、このダークな映像がこの映画の雰囲気を保つのに大切だったのだと思います。
むしろこの映画は映像よりも「音」にとてもこだわっており、私はそこにセンスを感じました。ベットのきしむ音のような雑音を、ミシンをかける雑音と重ねていき、深みを持たせたあとに、チェロの音色を重ねて1つの楽曲として聴かせます。
また、”人を殺して食べる”と言う恐ろしい話がベースなのにドミニク・ピノン演じるルイゾンの優しさが映画の雰囲気を温かくし、気持ちが和むことさえありました。
一癖も二癖もある独特な世界観を持つ作品です。
私は嫌いじゃないですが、観なくても良かったかな?とも思いましたが気に入る人はきっと気に入る作品じゃないかと思います。
 

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.