ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評

SHINE *シャイン*

投稿日:2005-11-19 更新日:

20090508_6910331995年 / オーストラリア

監督:スコット・ヒックス

CAST:
ジェフリー・ラッシュ、ノア・テイラー

第69回アカデミー賞主演男優賞=ジェフェリー・ラッシュ

<STORY>
実在のピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットを描いた実話。
オーストラリアの田舎。厳格で過剰なまでの愛情を注ぐ父の教育を受けてピアノを始めたデビッドは幼くして天才ピアニストと期待をされたが父は息子の留学を認めなかった。その後、ロンドン王立音楽学校からの奨学生の話も父が強く反対。デヴィッドはついに勘当同然のかたちで家を出る。留学したデヴィッドは、コンクールでラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」に挑戦することを決意。この曲は難関中の難関。と同時に父親との思い出の曲でもあった。日夜練習に励んだ結果、デヴィッドは決勝で見事に弾きこなす。しかし、拍手をあびながら倒れ、以後精神に異常をきたしてしまう・・・。

<感想> 評価 ★4
デヴィット・ヘルフゴットの生涯に浸り。ヘルフゴットが弾くラフマニノフに感動。そして俳優ジェフェリー・ラッシュと、ノア・テイラーに痺れる1作。
青年期を演じるノア・テイラーが全身全霊で演奏する「ピアノ協奏曲第3番」は素晴らしい。何度も見たいと思わせる映像。(演奏は本物のヘルフゴット)
本作品の中ではヘルフゴットが精神に異常をきたしたのは父親との確執が発端であると表現。勘当同然でロンドン留学をしコンクールで選んだ曲は父親の夢だった「ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番」だった。デヴィットは見事に弾きこなし優勝、その演奏テープとメダルを父親に贈り認めてもらえると信じていたが父親は許さなかったと言うシーンでそれを表現している。晩年、精神を病んでからのデヴィットの口癖は父親の怒りの言葉や自分を責める言葉。互いが愛しているのにすれ違う父子の関係が切ない。ジェフェリー・ラッシュの演技は素晴らしかった。青年期を演じたノア・テイラーももちろんだがジェフェリーの姿は乗り移ったかのよう。オーストラリアの素晴らしい天才ピアニストの生涯として見るのも良し、怪優:ジェフェリー・ラッシュに浸るのも良しの1作。
ちなみに、「のだめカンタービレ」(コミック)を読んでいる人はコミック内に出てくる楽曲が多く登場するのでクラッシックを楽しむこともできる。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.