明日の記憶

20090507_6904932006年 日本

監督:堤 幸彦

CAST:
渡辺 謙、樋口可南子、坂口憲二、
吹石 一恵、及川光博、
水川あさみ、大滝秀治

5.0

<STORY>
広告代理店の部長を務める佐伯雅行(渡辺謙)は49歳。大きなイベント企画の仕事も決まり仕事は順調、娘の結婚も控え充実した毎日だった。しかし、最近物忘れがヒドイことに気づきはじめる。妻の強い進めで受診した病院で神経内科の医師から「若年性アルツハイマー」を宣告。受け入れがたい現実に絶望しながらも仕事を続ける佐伯。しかし病状は佐伯の生活を徐々に蝕んで行き、仕事でのトラブルも増えるばかりになっていった。

<感想> 評価 ★3
俳優:渡辺謙が萩原浩原作にほれ込み、自ら映画化の企画を進め、エグゼクティブ・プロデューサーも務めただけあって謙さんの意気込みが十分感じられる映画でした。
泣ける映画ではあるけれど、泣かせるようには作ってありません。発病から告知。病気を受け入れ退職を決める。アルツハイマーと向き合って生きる姿を描いた作品です。苦悩も描いてはいるけれど、それは現実の半分も表現できていないだろうと思いながら観ました。
「人は泣くことで気持ちを浄化させるんだな」この映画を観て感じたことの1つです。
樋口可南子演じる妻が、家庭を省みない夫への不満を抱えつつ、それを越えてアルツの夫を支えなければと努力する姿は、女として妻として母としての自分とダブらせました。
男にとって仕事をすると言うのは大きな意味を持っていると思います。その仕事が記憶することができないと言う症状の為に続けることができなくなり自ら辞職を決意しなければならなくなる・・・コレはキツイ事でしょう。アルツハイマーと言うのはまさに「生きながらゆっくり死んでいく」ようでした。それだけではないのだろうけれど見終わって感じたのはそれです。
また、キャスティングはとても良かったです。それぞれの役柄にあった違和感のない役者陣。俳優で見ることもできる映画だと思います。大滝秀治さんはさすがでした。

0

コメント待ってます♪

タイトルとURLをコピーしました