腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

2007年/日本

監督 :吉田大八

CAST:
佐藤江梨子、佐津川愛美、
永作博美・永瀬正敏

<STORY>
北陸の山間部。両親が交通事故死し、長男・宍道とその妻・待子、次女の清深が残された和合家に、東京から宍道の妹である長女、澄伽が帰省。澄伽は4年前、女優になろうと上京したが人気が出ず、それでも自意識過剰でわがままな態度は元のまま。実は澄伽が家を出たのには、ある事情が……。澄伽は何かと清深をいじめるが、宍道はなぜか澄伽を叱らない。お人好しの待子は兄妹の事情をよく知らず、そんな3人を見守るしかないが……。

<感想> 評価 ★3
邦画に興味がない私が気になった理由はコレ「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」と言う題名。
予告を見た時に、傲慢な勘違い女をサトエリが演じていて、ハマり役と思うほどのインパクトがあったのも興味を持った理由。
実際、自分勝手で、めちゃめちゃうぬぼれの強い勘違い女:澄伽はサトエリをベースに描いた役柄じゃないかと思うほど、まさにサトエリ。その勘違いっぷりがちょうどいい感じで笑える。
永瀬正敏や永作博美もいい俳優なのだと初めてわかった。
原作:本谷有希子さん脚本の舞台版の映画化。本谷有希子さんは以前から興味があったのだけど、この作品がお初。かなり個性的でブラックな作品だったけれど私はキライではない。

0

コメント待ってます♪

タイトルとURLをコピーしました