SEVEN YEARS IN TIBET *セブン・イヤーズ・イン・チベット*

1997年/米

監督 :ジャン・ジャック・アノー

CAST:
ブラッド・ピット、デヴィット・シューリス

<STORY>
1939年、オーストリアの登山家ハラーは、アウフシュナイターと共にヒマラヤ登頂を目指して旅立った。しかし雪崩によって踏破を断念。折しも第2次世界大戦が激化。インドで捕らえられたハラーたちは捕虜収容所送りとなる。脱走した2人は逃避行を続け、禁断の聖地チベットのラサにたどり着く。
歴史に巻き込まれていく激動のチベットに滞在した7年間、若き日のダライ・ラマとの魂の交流を描いたロマン溢れる感動の一大叙事詩。

<感想> 評価 ★4
未知の国:チベット。当時のチベットと言う国、国民の姿をこの作品を通して知ることができるほど、きちんと向き合って作った作品でした。
ブラピ扮するハラーが人間としてだんだん成長していく課程がしっかりと描かれています。
チベットと中国の間にこんな歴史があったことを知らずにいた私はそう言う意味で勉強になりました。また、ハラーが少年ダライ・ラマとの交流するところが非常に良かったです。以前、「ラストエンペラー」に深く感動した時の感覚が蘇った感じ。チベットという事で神秘的で美しく心に残り、音楽も壮大な感じで素晴らしい作品でした。

コメント待ってます♪

タイトルとURLをコピーしました