BASIC *閉ざされた森*

2003年/米

監督 :ジョン・マクティアナン

CAST:
ジョン・トラボルタ、コニー・ニールセン、
サミュエル・L・ジャクソン、ジョヴァンニ・リビシ

<STORY>
ある夜、パナマの米軍基地から訓練に向かったレンジャー隊7名が、嵐の密林地帯で消息を絶つ。17時間後、3名の生存者が発見されるものの、彼らは味方同士で撃ち合っていた。そして、一人が捜索隊の目の前で殺される。
結局、重傷者を含む2名が救助され、いまなお隊長のウエストを含む4名が行方不明のまま。間もなく、ジュリー・オズボーン大尉が調査を開始するが、救助された兵士は彼女の尋問に黙秘を続けた。そこで、オズボーンの上官スタイルズ大佐は、かつてウエストに訓練を受けていた元レンジャー隊員で尋問術に長けた麻薬捜査官トム・ハーディを呼び寄せる。

<感想> 評価★3.5
この映画のキャッチコピーは【真実ほど、疑わしきものはない】
サスペンスなので冒頭から「謎」がバラまかれいて、生存し基地に戻ってきたふたりの兵士が語る全く違う真実の証言を無意識の内に考えて観ていた。ある程度の想像はついたが、時に(おぉ!そぉ~くるか)の展開もあり。

(以下、ネタバレあり注意)

映画の2/3は楽しめた。ただ、この手の映画はラストで謎がある程度解明されなければ満足度を得られないんじゃないだろうか?なのに肝心なその部分が(それはないだろうよ?じゃ、ケンドルのことはどうよ?)と解決するどころか疑問や辻褄が合わないパーツで消化不良を起こしてしまった。力が抜けたよ@ ジョバンニ・リヴィシは変わらず個性的な演技で見せてくれるし、J・トラボルタはやはりトラボルタです、素晴らしい。 サミュエル・L・Jも堂に入った軍曹役。役者は揃っている。それ故にラストが仲良しごっこみたいだったのはおもしろくない。オズボーン大尉が乱射を起こすぐらいの怒りが欲しかった。 映像も不親切。98分とコンパクトにまとまってるので仕方ないだろうが、レンジャー部隊7人の鮮明は顔の映像がないまま同じレンジャーの服装で大雨の薄暗いジャングルの中での撃ち合い・怒鳴りあいで話しが進むので、 「誰が撃たれた?誰が撃った?」と登場人物把握だけで余裕がない。マジで相関図要る。 仮にこのラストを認めるとして。じゃ、ジョバンニ・リヴィシ演じるケンドルが撃たれ重傷を負ったり、スタイルズ大佐に毒殺されるのはナゼだ?彼は「8(レンジャー8)」ではなかったと言うこと?散々引っ張った「8」の数字も店の名前だっただけで、じゃなんでケンドルは知ってたのよ?あぁ~納得できない。 1度では理解しにくい、かといって2度3度見る映画でもないような・・・

0

コメント待ってます♪

タイトルとURLをコピーしました