国際小包を出しみた

国際小包を出すことになった。

ゆうパックに「国際スピード郵便(EMS)」がありそれが1番早いらしい。

国ごとに小包の大きさと重さに限度があるので、

今回は郵便局で段ボールを購入。
日用品、衣類、お菓子類、インスタント食品類など詰め込み封をして、
EMSの伝票に住所等を書き郵便局へ。

ネットでEMS小包の出し方を参考にして荷造りしたのに、郵便局で言われたのは、

「”daily Use”では受付できません。全部の品数を事細かに記入してください」と。

ええ加減な発送をすると受け付けてもらえないことがあるらしい。

送る物品をすべて発送シートに記入。
郵便局員から商品についての質問された場合は、その商品を見せて答える必要があると言う。

 

と言うことで、2つの箱を郵便局内で完全オープン先ほどのシートに全ての商品を英語で記入

 

 

 

 

 

 

 

全部記入し、郵便局員さんからの質問も受けて発送できたのは、1時間半後でした~

どんだけ大変やね~ん

 

 

 

 

 

 

 

このEMSは、郵便追跡番号がついてます
ネットで追跡できます。
そして1個の荷物に付2万までの保証付きでした

しかし料金は・・・高かったです

0

コメント待ってます♪

  1. サクラ より:

    お疲れ様
    箱を開けて喜ぶプィちゃんの顔を思い浮かべて一品ずつ梱包したのでしょうね。母の愛だわね❣️
    きっと少しずつ親の手を離してはしっかりと成長した姿を見る日が楽しみですね。

    0
    • nagi より:

      サクラさん、ありがとう

      郵便局に聞きに行った時に、商品記入シートのこと教えてくれたら良かったのに~と思うわ~。
      考えて、考えて詰め込んだものを郵便局内で全部出すことになり、
      結局、ひっちゃかめっちゃかの詰め込みになってしまったことが心残り・・・
      かなり早く届くと言うから最短で何日で届くのか楽しみでもあります

      0
タイトルとURLをコピーしました