とりつくしま   東 直子 著

<あらすじ>
あなたは何に「とりつき」ますか?
死んでしまったあなたに、とりつくしま係が問いかけます。
そして妻は夫のマグカップに、弟子は先生の扇子に、なりました。
切なくてほろ苦くて、じんわりする連作短編集 。

<感想>
10話からなる短編集。
この世に想いを残し死んでしまった人がモノにとりついてもう一度愛するひとの許へ寄り添うと言う設定がいいなと思い直感で購入、読破。
温かいキモチになる章、切なくなる章、章ごとに母親として読んだり、妻として読んだり、
娘になったりといろんな状況を想像しながら読んだ。
中でも「日記」が1番良かったかな。
読後、私は何に<とりつくしま>となろうかと考えたりした。

コメント待ってます♪

タイトルとURLをコピーしました