母親が来る

私のところへ母親が会いにやってきた。
正月ぶり・・・である。
実家との距離感はクルマなら高速を使って1時間半。
電車でも家からの距離を考えるとほぼ同じ。
そう遠くはないのだけど、往復を考えると3時間はかかるワケで、 日帰りだと・・・足は遠のく。
さりとて泊まるほどの用事が実家にはないし、 私だけが泊まるとなると子供のことがあるワケで簡単ではない。
だから益々足は遠のく・・・・。

正月から早5ヶ月になろうとしている。 親不孝だと思っています。ごめんなさい。
父親に前立腺ガンの疑いがかかり、検査の結果やっぱりそうらしい。
ホルモン治療が始まったそうだ。
近々、骨シンチ検査を受けて骨への転移の有無を調べるらしい。
昭和天皇陛下も寛平ちゃんもかかっている病気。
父親の進行具合は今後の検査結果次第だが、 父親の年齢を考えると何かが見つかってもおかしくない。
父親に尽くしてきた母親である。
頑固な父親と生活しながらと、病院ばかり通う日々で私との時間が唯一の楽しみらしい。
わかっているんだよ、もう少し私が母親との時間を持たないとイケナイことぐらい。
実家を売りに出して、私の住む町に引っ越し計画を実行中だがこのご時世、売れる気配がない。
実家が売れなきゃ宝くじでも当たらない限り引っ越しはムリ。
今日は駅までクルマでお迎えに行き、電気屋さんでケータイのマイクロSDカードを買い、カードリーダーを買い、レストランでランチを食べ、ケーキ屋に寄り、ペットショップへ行き・・・母親が連れて欲しいと言ったところを全部回った。
自宅に戻って、マイクロSDの使い方、PCへの転送の方法を説明し、説明書を書き、 クルマで駅まで送り届けた。
たまに誘って欲しいと言う。
「うん、わかったよ」と私。
母親の人生も20年はないだろう。
元気に動けることを考えたら10年もないと思う。
親孝行しなければ。
後悔がないように・・・。

コメント待ってます♪

  1. こな御 より:

    そうだね・・・そうやで・・・
    私もかなりそう思うねん
    年に2回がんばって帰ろうと思ってるねん
    ほんで次戻る時を約束するねん
    ほな、ふたりでなんやかんやと考えるみたいやで
    「ここ行こう」とか「あれ買おう」とか
    目標持って生きていけるねん
    孫も大きくなってきたしな
    そろそろ私の出番やし
    もう、何でも許せるし なんでも聞いてあげられるねん
    大人になったわ
    40年ぶり・・・お墓参りしてきた
    お父さんと山を歩いた
    いっぱい話しした 楽しかった
    今度は10月に帰るねん なんも出来ヘンて思ってたけど
    私やないとできんことあること
    今頃気がついたわ おそっ!!
    私も頑張るわ 

  2. nagi より:

    こな御さん←どんだけ「み」の漢字を使い分けるねん(爆)
    そうやねん。
    こな美ちゃんにしか出来ないことってあるねん。
    自分が親の年齢になった時のことを想像すると、
    ぷぃが孫を連れて来てくれたり
    ひろきがご飯食べに帰って来てくれるのを
    やっぱり楽しみにすると思うねん。
    いつかそんなに遠くない未来で、親とは1度お別れする時は来てしまう。
    そのときに出来る限り後悔が少ないように・・と思うねん。
    「あなたが娘で良かった」って思われるように

タイトルとURLをコピーしました