人のフリ見て我がフリ直せ

同じ処置をしてもらうにしても、人によって受ける印象がちがうもんなんだと実感しています。
ここのところ週に1度スキンケアを受けに行っているのですが、同じケアをしてもらっても、担当の人によって処置の濃さや時間、受ける印象が違うのです。
言葉使い、態度などは及第点で問題があるような人ではないのですが、処置に気持ちを感じないと言うか・・・
作業になっている印象の人もいます。
かと思えば、とても丁寧で心から(ありがとう)と言いたくなるような人もいます。
同じ職業人としてこれは勉強にもなります。
ちょっとした思いやり、表情、態度、丁寧さ・・大切なんですよね。
こう言うことがわかるようになったのも今だから。
20代のバリバリ仕事していたときの自分を思うと、心配りの部分にまで到達していませんでした。

人のフリ見て我がフリ直せ。肝に銘じていきます。

コメント待ってます♪

  1. こな身 より:

    せやねん・・・そう思う
    45歳前後がある意味還暦かなと・・・
    それまでさんざんやってきた失敗や後悔を
    ちゃんと拾い集めて、向き合える
    反省をし、正して歩き始める時期ね
    さんざんやんちゃした私だから
    これからたくさんしないといけないコトがる
    そんな気がしてなりません
    若いときにデキが悪い分だけ
    ちゃんと生きていこうと思う
    そんな大人になれてよかったなあと
    ココロから思ったのよ
    だから職場の若いモンがやんちゃしてても
    落ち込んでても笑って聞いてやれるんよ
    一緒にやんちゃしてきた人と
    まだ仲良くできてることに感謝してます
    あ・り・が・と

  2. nagi より:

    こな身さん
    職業人としてのプライドも、逆にどん欲に生きる姿勢も
    こな身さんから教えてもらいました。
    いつも私の3歩前を進む・・・それがこな身さん。
    尊敬しております。マジで。
    いろんなこともあったけど、この年齢でまた一緒に楽しめることに感謝。
    今から出来るオモロイこと、いろいろしましよう!

タイトルとURLをコピーしました