幼児虐待のニュースに思うこと

このニュースを聞いた時、何とも言えない感情で胸がかきむしられるような
息苦しいような気分になった。
大阪堀江ワンルームマンションで1歳、3歳児の腐乱死体発見と言う事件。
女の子と男の子の姉弟は水もなく換気もされず、ゴミだらけのワンルームで絶命したと言う。文字で書くだけでたまらない気持ちになる。
犬猫以下の扱い。お祭りに行った時に夜店でやった「金魚すくい」の金魚を放置したまま気が付いたら水にプカリと浮かんで死んでた・・・ごめんねってまさしくこの程度の感情しか自分の子どもの持てないと言う母親。なんなんだろう。
10ヶ月もおなかで育て、あれほどの痛みを越えてこの世に産み落としたふたりの子どもに金魚程度の感情しか持てないなんて。
そんな母親が刑期を終えて出てきたところで更正できるのかなと思う。
虐待されているように思うと通報した人の気持ちにもっと児童相談所等の機関は答えて欲しい。子どもを守ってあげたい。
何度かblogに書こうか辞めようか迷ったけど、自分の記録だし書いておこうと。
こんなありえない事件をもう2度と起こしちゃいけない。絶対に。
 

コメント待ってます♪

  1. こな見 より:

    あたしは、児童相談所の対応に怒り!!
    「対応しきれない」なんて・・・理由になるかっ!?
    民間の「対応しきれない」には一切耳を貸さず
    厳しい実地指導やムダの多いマニュアル作成を押しつけて
    自分らはソレでエエねんもん
    おかしいでえ

  2. nagi より:

    こな見さん
    それは私も思う。
    児童相談所等の子どもに関わる仕事に就いている人には
    「感情」の入った仕事をして欲しいと思う。
    虐待の連絡が入り、親と面談できた親でも問題抱えてるのに、面談できないと言う状況なら尚更「危険」を察知した行動をして欲しいと思う。

タイトルとURLをコピーしました