「切羽へ」 井上荒野 著

20110504_20719752008年直木賞受賞作品

<あらすじ>
かつて炭鉱で栄えた離島で、小学校の養護教諭であるセイは、画家の夫と暮らしている。奔放な同僚の女教師、島の主のような老婆、無邪気な子どもたち。平穏で満ち足りた日々。ある日、新任教師として赴任してきた石和の存在が、セイの心を揺さぶる。彼に惹かれていくー。夫を愛しているのに。もうその先がない「切羽」へ向かって。

<感想>
「井上荒野」「直木賞作品」かなり期待して読んだのだけれど、私の思っていた世界観と少々ちがいました。とは言え井上荒野さん、感情を文章にしていないのに、文面からセイの感情が伝われるのは井上さんの文章だからこそ。
セイが石和に惹かれていく気持ちがとてもわかるけれど、具体的にどこに惹かれたのかは最後まで書かれていません。それが知りたかったような、ハッキリわからないからこそ恋なのかもとも思うワケです。
もうその先がないことを切羽(きりは)と言うそうです。この言葉も感じも儚さを感じる単語で、この文字がこの作品をより魅力的にしているように思いました。
 

コメント待ってます♪

  1. こな身 より:

    切羽詰まるていうもんね
    苦手なハズやのに
    追い込んでますわ

  2. nagi より:

    こな身さん
    こな身さんの場合、ひとり相撲的なにおいも少しするかなぁ~。時分を甘やかせるのんが下手過ぎですわ~。
    いたわってもらえないのが現実ですから自分で自分を可愛がってやってくださいなぁ@

タイトルとURLをコピーしました