ひとを褒めよう!

やっと髪をカットした。すっきり 
私の担当は、ぼわぁ~と・・どことな~くオダギリジョーです
カレのカットは、カットしたての時は少々(切りすぎじゃん)と思うのだけど、カット後1週間~10日ぐらいから急に良い感じになってきて、2ヶ月は髪型が何とかキープできるので、個人的に今まで出会ってきた美容師さんの中で1番カットが上手だと思っております。
でも、そのことを直接カレに告げたことはなかったのだけど、今日は伝えてみました。
「他のお客さんにもそれと同じことを言われたことがあるんです。ナゼだかわからないですけど、そう言ってもらえるとうれしいです」とカレ。
仕事を褒められると言うのはうれしいことです。同じように人を相手にする仕事の私も、褒めてもらうことなどないけれど、たまにあるとうれしいと思うし、自分の努力、私なりの気遣いをわかってもらえたようで仕事にやる気が出る気がします。
これからは、感謝したりうれしかったり、プロ意識を感じることがあったら、どんどん褒め言葉を言葉で伝えようと思うのです。

コメント待ってます♪

  1. こな美 より:

    せやねん ソレ大事やねん
    いま こういう立場で仕事してて思う
    日常は
    誉めるというよりか 感謝の気持ちに
    プラスしたもんを伝えることやなあ
    「ありがとう」+「たすかったわ~」
    「きれいやなあ」+「うれしいなあ」
    「おいしわあ」+「たのしいわあ」
    「うんうん」+「よ~わかるわ~」
    てね・・・
    最初の言葉でドアあけたら
    二つ目の言葉で 届けたいものを置くねん
    この二つの行程大事やと思う
    ほんでな なんかしてもろて
    「すみませ~んでした~」みたいなコトよく言うやん
    ソレは言わないようにしてんねん
    相手まですまない気持ちにさせてまう
    そこは 絶対
    「ありがとう!」やろと思う
    あんなに毎日 たくさんしゃべって
    たくさん食べて いろんなネタで笑いをとってたのに
    今では 1日ほとんどしゃべらないし
    笑わないし 人とのかかわりも最小限やん
    それだけに そういう気持ちの交流に
    敏感になってまいます

  2. nagi より:

    こな美さん
    うんうん!ソレ!
    自分ではまだまだ若輩者のつもりやけど、美容室行っても、ショップに入っても、私よりも若い子たちが仕事してることが多くなってきた。
    私も仕事しはじめた時は、「ありがとう。助かったわ」って言われたらうれしかった。そして自分の仕事に誇りを持てたし、やる気も出た。その気持ちを若い子たちには持ってもらいたい。
    だからほんとうにうれしかったり、感謝してる気持ちは伝えていこうと思うねん。
    そうして伝えたら、またその人が私にも優しさをくれる。はっぴぃが回る感じがするから・・・。
    そう言うことをしていく年代になったんやと思う。

  3. なん より:

    nagiさん、こんにちは。
    本当にそうですね。
    感謝の言葉を伝える。日本人ってシャイって言われて、言葉に出さなくてもわかるだろうって文化があったりするじゃないですか?
    人の心を察する細やかさがあったら、それは心に思うだけでなく、伝えないとね。
    とくに人生の折り返しも過ぎ去った今、伝えられる言葉の数も減っているわけで、私もありがとうやいいなと思ったことは、言葉に出していきたいと思っています。伝えたくても伝えられなくなってからでは遅いですしね。

  4. nagi より:

    なんさん
    うん、おんなじ思いです。
    納得できないコトや、プロ意識にかけるようなコトについては文句を言うけど、相手に対して感謝やうれしい感情を抱いたら、それも伝えるひとになって行こうと思います。
    伝えるコトって大切だと思うこの頃です

タイトルとURLをコピーしました