時事ネタ 日々のつぶやき

なんやねん、弁護団(光市母子殺害事件について)

投稿日:2007-06-27 更新日:

光市母子殺害事件の差し戻し審が昨日から始まっている。
昨夜のNews、今朝の新聞を読むにつれ身体の中から沸き起こってくる「怒り」。
現在の弁護団になるまで、つまりは「死刑判決」が下されるまでは当時18歳だった少年は自分のした犯罪を認めていたのに、弁護団が変わった途端に (母親に甘えたかった)(赤ちゃんは手が滑って落とした)(パニックだった)(無意識だった)e.t.cと供述を変えた。今回の供述ってどれもこれも言い訳。弁護団の作戦としか思えない。
死刑執行については賛否あるだろうが、「死刑反対」をベースにして犯人の弁護する今回の弁護姿勢はビジネスとしか思えない。
事実は、どんな過程があれ若い母親に乱暴し殺害(殺害し乱暴とも)、赤ちゃんも惨殺したと言うことだけ。
それを中心に弁護し、判決を受けるべきなんじゃないんですか?
陪審員制度導入を目前にして最近裁判傍聴の記事を読んだりすることが増えたけど、こんな裁判が成り立ってるなんてあり得ません。 まずは結果で判決を下すべきなんじゃないんですか?犯罪を犯すまでの発育歴や、事件が起こっている時の感情なんかはその後考慮されるべきでしょう。

本村さんにはこんな言葉しか言えませんがお辛いでしょうがこれからの社会のためにも踏ん張ってください。

-時事ネタ, 日々のつぶやき

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.