ドラマ(シリアス、ハートフル) 映画評 ミュージカル

DREAM GIRLS *ドリーム・ガールズ*

投稿日:2007-02-10 更新日:

2006年/米

監督 :ビル・コンドン

CAST:
ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、
エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン
アニカ・ノニ・ローズ

<STORY>
1962年、デトロイトでスターを夢見る3人の少女、エフィー、ローレル、ディーナは「ドリームメッツ」という名でオーディションに出場していた。そんな彼女たちに目をつけたのは中古車販売の経営者カーティス。彼は彼女たちをデトロイトで大人気のジミー・アーリーのコーラスガールにつける。彼らは全米で大成功をおさめ、コーラスガールから「ザ・ドリームス」として独立デビューすることに。しかし、カーティスは彼女たちに告げる。リードボーカルは圧倒的な歌唱力を誇るエフィーではなく、美人のディーナだと。エフィーは渋々受け入れるが…。

<感想> 評価 ★4
ブロードウェイの大ヒットミュージカルの映画化。
ミュージカル好きの私は、劇団四季の舞台を何度も見に行ってるので、映画のミュージカルは舞台にはかなわないと思うものの、新人のジェニファー・ハドソンの声量には感動。日本人であれだけの声量・あれだけのパンチで歌う人はちょっと見あたらない。あまりの歌のうまさ、堂々とした演技に主演のビヨンセが食われていた程。
Storyも飽きさせない展開だし、知っている曲、聴いたことがあるおなじみのナンバーを楽しめるのもこの作品の魅力。
また、エディ・マーフィを久々にメジャー映画で見た。おちゃらけた役どころでなく、歌も聴かせるし人生の華も地獄も演じる重要な役どころを≪エディ・マーフィ、まだまだイケるぜ!≫的に見せてくれた。ジェイミー・フォックスも黒人系俳優の中でモーガン・フリーマン、デンゼル・ワシントンに次ぐ確固たる地位を築いたと言えるだろう。

-ドラマ(シリアス、ハートフル), 映画評, ミュージカル

Copyright© flap nagi style , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.